メイン » » » 横河一郎
よこがわ いちろう

横河一郎

よこがわ いちろう

1885(明治18)〜 1938.6(昭和13)

大正・昭和期の電気計器技術者、実業家(横河電機)

埋葬場所: 9区 1種 4側 3番

 横河民輔(9-1-4-4)の甥。東京電機大学卒業。当 時、建築の設計監督を行っていた横河民輔から、『電気』が民間にも行渡る時代が到来することを予見した話を聞き、一郎と青木晋の二人は、将来日本では電気計測器が必要であると考えた。
 1914(T3)青木と共に欧米を視察して回り、帰国後、'15(T4)民輔の協力の下、青木と電気計器研究所を創設し、電気計器製造事業の開拓をはじめた。 翌年、横河電機製作所と改称。当時、外国製電気計器が工場や研究所における信頼を独占する状況下での電気計器の開発の取り組みであったが、'17最初の電流計、電圧計、電力計などの試作品の生産に成功した。 '34(S9)販売し始め〔本格的には'62電磁流量計からである)、国産化の道を切り開いた。
 当初の目標は積算電力計の国産化であったが量産化のための製作費の引下げを研究し、並行的に指示電気計器の研究試作に力を注いだ。 '20株式会社横河電機製作所創立。専務取締役となる。'30(S5)ベルギー万国博覧会に電気計測器を出展し、名誉賞を受賞。 '38横河電機初代社長に就任したが、同年没す。享年53歳。没後、民輔の長男の横河時介(9-1-4-4)が社長を継いだ。

<計量計測の歴史>


*墓所内の墓石には「横河一郎」のフルネームが刻む。隣の墓所は横河民輔、横河時介の墓である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。