メイン » » » 横河下枝
よこがわ しずえ

横河下枝

よこがわ しずえ

1869(明治2)〜 1960.6.17(昭和35)

大正・昭和期の陶磁器収集家

埋葬場所: 9区 1種 4側 4番

 父は漢学者棚橋松邨、母は教育者の絢子。下枝が生れて間もなく父は失明し、母が夫に代り教壇に立ち、親戚に養育された。 幼時から画を好み滝和亭の門に入り瓊英と号した。のち実家に戻り父に教えをうけた。 父の死後に建築家であった横河民輔(同墓)と結婚、民輔創業の建築、橋梁、電機、商事の各事業に内助の功をあげた。 下枝は種々の趣味を持ち、なかでも陶磁器の鑑識眼が高く、夫の同意を得て収集が本格化し、中国の古代から系統を立て年代を追って名器を集め、中国陶磁の収集として世界的に有名な横河コレクションとなった。 のち下枝の発案によってコレクション1200点余を国立博物館に寄贈した。
 また忍耐心を養うために52歳で源氏物語全巻筆写をはじめ、一日も休むことなく続行し、76歳の時に完成させた。91歳で死没。 三男四女(二女子は早世)に恵まれ、長男の時介(同墓)は父の遺業を継承し横河橋梁製作所、横河工事、横河電機製作所各社長となった。

<日本女性人名辞典>


*ご両親の墓は台東区谷中の全生庵の山岡鉄舟の墓の前にある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。