メイン » » » 山井介堂
やまのい かいどう

山井介堂

やまのい かいどう

1821(文政3)〜 1861.3.10(文久2)

江戸後期の儒家

埋葬場所: 3区 1種 9側 19番

名は璞輔、本姓渡邊氏。山井君彝の家名を再興し伊豫西條侯に仕う。松崎慊堂の門人。足利学校に学び、江戸で教授となる。 教え子に貴族院議員・東京府知事などを務めた三浦休太郎らがいる。また、山井清溪(同墓)を幼い頃から指導し、のち養嗣とした。享年41歳。

<東京掃苔録 藤波和子 など>


墓地

*墓所は正面に山井家之墓があるが、左側に「介堂山井先生之墓」という個人墓が建つ。

*同墓には山井清渓の妻であり儒学者として活動した山井道子も眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。