メイン » » » 和田妙子(ミス・マヌエラ)
わだ たえこ

和田妙子
(ミス・マヌエラ)

わだ たえこ

1911(明治44)〜 2007.5.18(平成19)

昭和期のダンサー

埋葬場所: 区 種 側 番

 朝鮮半島忠清南道大田出身。旧姓は山田。鎮南浦にある女学校卒業後、1928(S3)17歳の時に、松竹楽劇部(SKD)1期生に合格。 その際にもらった芸名は「水の江たき子」であったが、「ひらがなが気に入らなかったから」と同期生の「東路道代」と名前を交換した。 後に名前を交換した同期生(本名は三浦ウメ)は名を水の江瀧子(滝子)と改名し「男装の麗人」として一世を風靡した(水の江瀧子の実兄の子、すなわち甥に当たる人物はロス疑惑の三浦和義である)。
 松竹楽劇部に入ってすぐに振り付けの先生と結婚するも、19歳で未亡人となる。 ジュージ・ホリーがタップダンスを日本において教えていた際、妙子が銀座の吉野家に仲介し、タップの靴を日本ではじめて作らせている。 '34ジャズ歌手のリキー宮川(1911-1949)と再婚。スパニッシュダンサーの川上スズコに師事。歌と踊りのイルミナーテを公会堂にて行う際に、夫の前座として踊りを披露していた。 4年後、リキー宮川と離婚。離婚を期にアメリカへダンサーとして渡ろうと決心するも、アメリカの友人より、ダンスをするのであれば、世界中の舞踏家が集まる上海に行きなさいと諭され、'38上海に渡った。
 優秀なアメリカ人マネージャーのハロルド・ミルズと出会い、フランスのムーランルージュで女形をやっていたドン・パスコーラを紹介され、師事。 抗日感情が強い世界での活動であったため、名前を「マヌエラ」として'39上海ナイトクラブ「カサノバ」にてデビュー。 当時日本人の入り込めないフランス租界、米英共同租界において、国籍不明のダンサー「ミス・マヌエラ」としてスパニッシュを踊るクラブダンサーとして活動。 「魔都の花」として人気沸騰。“エキゾチック・マヌエラ” “ミステリアス・マヌエラ”とも呼ばれ上海を席巻した。 市内一の繁華街、南京路の朝鮮銀行の壁には十八番の「ペルシャンマーケット」を踊るマヌエラの大きな写真が飾られた。 国歌を演奏しながら行進していた米海兵隊のマーチングバンドは、写真の前にくると曲を「ペルシャンマーケット」に変えたという。 '41ユニバーサル映画副社長のサーキンよりハリウッドに来ないかとスカウトされ、アメリカへ進出しようと荷物も送った4日後の12月8日に真珠湾攻撃、日米開戦が始まったため夢が途絶える。 '43上海日本人街にて「大和洋行」を設立するなどの実業家(実際は陸軍の工作員)であり、熱烈のマヌエラのダンスファンであった和田忠七(当時の肩書きは上海在郷軍人会会長 同墓)と出会い、後に三度目の結婚。 '46和田と共に日本へ引き揚げる。開戦時には連合国側のスパイと疑われて日本の憲兵隊に身柄を拘束され、終戦時には日本のスパイとして米国の陸軍情報部の取り調べを受けた。
 戦後、東京のNHK側に喫茶店「モレナ」を経営。その後、内幸町に戦後初のナイト・クラブ「マヌエラ」を経営。 上海仕込みの英語と度胸で行儀の悪い進駐軍の兵隊をしかり飛ばすなど、東京の社交界で知らぬ者はいない存在となる。 オープニングの司会をE・Hエリックが務めたこともあり、三島由紀夫(10-1-13-32)、犬養健、麻生太賀吉、力道山、古垣鉄郎、マッカーサーなども顔をみせていたという。 また「マヌエラ」は日本のジャズ・マン達の登竜門となり、ジョージ川口(9-2-32)、マーサ三宅、前田憲男などが巣立っていった。妙子は戦後日本のジャズの育ての母とも言われている。
 波瀾に満ちた生涯を描いた作品は多く、小説『ルーズベルトの刺客』(著者:西木正明)のモデルや、自著『上海ラプソディー 〜伝説の舞姫マヌエラ自伝〜』など多数有る。 80歳から日本舞踊を習いはじめた。2007.5.18(平成19)午後、東京都八王子市の病院にて心不全のため逝去。享年95歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

<産経新聞 訃報記事>
<平成14.5.21放送「徹子の部屋」など>


*クリスチャンであるため、墓石は洋型で、十字が刻む。

*芸能関係の人名辞典には出身地を北九州小倉出身としているものもあるが、これは親の出身地である。

*元アイドルで女優の内藤洋子は姪にあたる。内藤洋子と喜多嶋修(元ランチャーズ、音楽プロデューサー)の娘で女優は喜多嶋舞(喜多嶋舞からみると伯祖母)である。


和田忠七
 陸軍砲兵少尉。陸士出ではなく高商出の予備士官であったが、梅機関で有名な参謀本部の影佐禎昭大佐に見出され、商社勤務の経歴の商才と柔道5段、そして茫洋な性格が買われて、予備役編入の上、上海で商売を始めるよう指令を受ける。 当時、上海にはヨーロッパにおけるナチスドイツの脅威から逃げて来たユダヤ人が多く移住していたため、ユダヤ人の動静を探るため上海に民間人として送り込まれたのである。
 和田は上海で店を開き、軍の後ろ盾を得て、衛生陶器を中心に商売を広げながら、参本の指示を待った。 商売が軌道に乗り、1938.2.18上海のガリア・ビルに「大和洋行」を設立。'40ドイツと日本の思惑が一致した工作「ルーズベルトの暗殺」が密かに計画され、満州の一部にユダヤ人の国を建設する後押しをするという約束で、参本は12月に和田を在郷軍人会会長に就任させ、ユダヤ人達に軍事教練を始めるよう命令した。 当時、提籃橋周辺のユダヤ人街のユダヤ人は日本人に管理されていた。そこでは日本人による軍事教練も行われていた。 そのため和田の役割は、その軍事教練の教官となり、訓練を実施するとともに、秘密工作に適したユダヤ人をピックアップすることであった。 翌'41他の予備役少尉と共に上海在住のユダヤ人自警団に軍事訓練を開始(フリッツ作戦=星工作)。
 '43和田はマヌエラと出会い、そのダンスに魅了され、既婚者であったが、後に妻と離婚し、マヌエラと再婚を決意した。'46.4マヌエラと共に日本へ引き揚げる。

<ルーズベルトの刺客(西木正明)>


*2007年7月7日の納骨式に参列された方のブログの写真によると、十字架を刻んだ洋型墓石に縦書きで5行、名前なのかイエスの言葉なのかが彫られている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・わ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。