メイン » » » 辻 靖剛
つじ せいごう

辻 靖剛

つじ せいごう

1892.6.27(明治25)〜 1981.11.25(昭和56)

大正・昭和期の薩摩琵琶奏者

埋葬場所: 10区 2種 6側 11番

 山梨県石和出身。本名は辻三寿吉。号を東舟。生家は本居宣長の辻保順守瓶が開いた保順病院であり、代々医家。 幼少から薩摩琵琶を愛好、児玉天南、池田天舟に師事。1916(T5)天舟らと東京に薩摩琵琶正絃会を創設、同会委員長として正派薩摩琵琶の振興に尽力した。 第2次大戦後は琵琶界復興の指導者として活躍。'59(S34)日本琵琶協会を設立し理事長。 また虎ノ門に薩摩琵琶古曲研究所を開いて後継者の養成にあたり、門下生に須田誠舟、清川嵐舟、吉田央舟らがいる。 作曲は「明暗」「明暗崩れ」「追慕の曲」がある。演奏家としても優れ、妙寿風弾法をよくし、得意曲は「武蔵野」「吉野落」「錦の御旗」など。 著書に『精神修養読本心の糧』『琵琶楽器とその製作者』などある。子に小説家の辻邦生(同墓)がいる。享年89歳。没後、辻靖剛賞が創設された。

<現代日本人名録 物故者編>
<森光俊様より情報提供>


*本来、辻家の墓は本籍地の山梨県春日居町国府の大中院にあるのだが、母の久子の遺言によって多磨霊園に「辻家之墓」を靖剛が建立した。同墓には経済政策論学者の玉井龍象も眠る(なぜ同墓に眠っているのか不明)。

*辻の部首しんにゅうは点二つです。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。