メイン » » » 土井庸太郎
どい ようたろう

土井庸太郎

どい ようたろう

1861(文久1)〜 1922.10.21(大正11)

明治・大正期の裁判官

埋葬場所: 9区 1種 17側

 三重県出身。土井彦九郎、はる(共に同墓)の長男として生まれる。明治新政府の裁判官判事になる。
 1891.5.11(M24)ロシア皇太子のコライ・アレクサンドロビッチ(後の皇帝ニコライ2世)が滞日。皇太子一行が人力車で京町筋を通行中、路上の警備にあたっていた滋賀県大津で警衛の巡査津田三蔵に頭部を切りつけられ負傷した襲撃事件(大津事件・湖南事件)が起こった。その動機は、皇太子の来遊が日本侵略の準備であるという噂を信じたためであった。
 事件発生によりロシアの報復を恐れる日本側は、明治天皇自らが負傷の皇太子を見舞い、招きに応じてロシア艦内にあえて赴くなど、異例の措置をとった。外相の青木周蔵が事件発生後、駐日ロシア当局に、津田は死刑に処せられるはずであると伝えたこともあり、首相の松方正義も自ら司法部に対し、犯人津田に極刑の判決を下すよう申し入れた。
 ところが刑法では、謀殺未遂罪に死刑を適用できず、大逆罪の適用など政府側提案は法律上矛盾を生じるので裁判をめぐって、政府側と大審院長の児島惟謙との見解が対立し紛糾した。政府側は旧刑法では謀殺未遂は死刑にならなかったが、不敬罪を適用して死刑にすることを企図し裁判に強力に干渉した。
 この状況の中、土井は大津地裁の大審院予審判事に任命された。土井は任命すぐに現場検証を完了させ、その場で書記の武内忠篤によって検証調書が作成された。
 大津地方裁判所内で行われた大審院による一審で終審の裁判では、政府の干渉を排除、法規どおり、5月27日無期懲役が被告に宣告された。大審院長の児島惟謙はよく部内の意見をまとめ司法権の独立を守った。ロシア側もこの結果に納得した。
 大仕事後の土井は広島地方裁判所長などを務める。1909.11(M42)大韓帝国に統監府ができたので司法権は日本に移り、大邱控訴院、 大邱地方裁判所、 大邱区裁判所の3つが置かれた。これにより統監府判事となり、大邱控訴院長に就任した。なお検事長には黒川穣(3-1-15-13)が就任している。翌年に韓国併合により日本が統治することになり、朝鮮総督府判事となり、平壌覆審法院長に就任した。従3位 勲3等。享年61歳。

<小学館 日本大百科全書>
<ブリタニカ国際大百科事典>
<人事興信録>


墓所 土井家之墓

*墓所入口に「土井家墓所」石版が建つ。墓所入って右側に和型「土井家之墓」、左隣に「従三位 勲三等 土井庸太郎之墓 / 妻 悦子之墓」、右面に没年月日が刻む。享年は六十二と刻む。

*土井庸太郎の妻の悦子は滋賀県出身で旧姓は香川。二人の間に2男6女を儲ける。長男は土井正夫(1898-)。二男は土井健二(1900-)。長女の滋子は荒木精一郎に嫁ぐ。二女の しつ は満州国参議の井野英一に嫁ぐ。三女の文子は下田錦四郎に嫁ぐ。四女の勝世は朝鮮総督府検事の里見寛二に嫁ぐ。五女は英子。六女は広子。

*大津事件後、日本正教会司祭代表のひとりとして佐藤秀六は神戸港にロシア皇太子を見舞っている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。