メイン » » » 斯波貞吉
しば ていきち

斯波貞吉

しば ていきち

1869.9.22(明治2.8.17)〜 1939.10.14(昭和14)

明治・大正・昭和期のジャーナリスト、政治家

埋葬場所: 10区 1種 15側 16番

 越前邦福井(福井県)出身。藩士の斯波有造の長男として生まれる。
 1891(M24)オックスフォード大学を卒業し、帰国後は東京帝国大学文科大学英文科に入る。1896卒業。盛岡中学校、高輪仏教高等中学校・同大学各教授を務める。1897(M30)英文記者として活動を始め、黒岩涙香に招かれ黒岩が主宰する「万朝報」に入った。のち編集局長となり、黒岩涙香・石川半山・茅原華山(7-2-32-3)らと「万朝報」全盛時代を築いた。
 社長の黒岩没後は常務取締役兼主筆。この間、堺利彦らの週刊「平民新聞」初期の英文欄を執筆。普通選挙期成同盟会・憲政擁護会などに参加、普選・憲政擁護を主張した。また、1905山路愛山らと国家社会党を創立。主な著書に『国家的社会論』(1892)、『実用英語対話』(1903)、『日本を甦らせた勇三の腕』(1930)などがある。
 '25(T14)6月に東京大勢新聞社を創立し社長兼主筆に就任したが、12月に辞して、東京府第13区の衆議院議員の石川安次郎死去に伴う補欠選挙に出馬。同.12.19当選し、憲政会に属す。'28.2.20(S3)第16回衆議院議員総選挙(第1回普通選挙)に東京第5区から立憲民政党より出馬し当選(前回の補欠1回を併せて、以降当選計6回)。'37.4.30第20回衆議院議員総選挙でも当選したが、'39在任中に逝去。享年70歳。

<コンサイス日本人名事典>
<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<政治家人名事典>


*墓石は和型「斯波貞吉墓」。裏面が墓誌となっている。戒名は一乗院殿釋貞善居士。享年71歳と刻む。妻はヤス。

*妻のヤスは教育者であり、名義も「斯波安」と記すものも多い。1922(T11)十文字こと、戸野みちゑ と文華高等女学校(十文字中学・高等学校)を創立した。同校の校歌の作詞を手掛けている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。