メイン » » » 丹羽保次郎
にわ やすじろう

丹羽保次郎

にわ やすじろう

1893(明治26)〜 1975(昭和50)

大正・昭和期の工学者、写真電送技術の発明者

埋葬場所: 10区 1種 2側

 三重県出身。1916(T5)東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、逓信省電気試験所に入る。 当時の日本の電気技術は、欧米からの技術導入が中心であり、日本独自の研究開発の必要性を感じて、'24アメリカやヨーロッパを視察。 帰国後、写真電送の研究に取り組み、写真電送のNE方式(有線写真電送装置)を発明。 この写真電送装置は、現在のファックスの基になるもので、取扱いが簡単であるばかりでなく、完全に写真が再生できるもので、我が国初の写真電送装置である。 '28(S3)天皇の即位式をこの方式で京都から東京に電送することに成功。
 有線電送のみならず、無線写真電送の研究も始め、'29(S4)東京‐伊東間で、日本初の長距離無線写真電送の実験を成功させた。 '36ベルリンオリンピックには逓信省がこの装置をベルリンに送り、ベルリン‐東京間8000kmの無線写真電送にも成功した。 現代、世界で使われている写真電送は丹羽の方式が基本となっている。'49東京電機大学初代学長。'59文化勲章受章。東京電機大名誉総長。

<コンサイス日本人名事典>

 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。