メイン » » » 三島徳七
みしま とくしち

三島徳七

みしま とくしち

1893.2.24(明治26)〜 1975.11.19(昭和50)

昭和期の冶金学者

埋葬場所: 3区 1種 14側 1番

 三嶌通良氏の養子。兵庫県淡路島生まれ。1920(T9)東大工学部鉄冶金学料卒業。同年東大講師、翌年助教授、'38(S13)〜'53教授。'31年MK磁石と呼ばれる強力永久磁石を発明。 以前の磁石は炭素と合金元素からなる特殊鋼だったのに対し、MK磁石は炭素を含まず、鉄、ニッケル、アルミニウムからなる。 磁石特性が二相分解により出現するもので、当時最高のKS鋼より磁石特性が優れた画期的な磁石であった。MK磁石のMは養家三島、Kは実家喜住のそれぞれの頭文字をとったもの。 その後、コバルト、鋼、チタンなどの添加、鋳造法と熱処理法の改善により、MK磁石は磁石特性が向上し、回転機器、計測制御機器、音響機器などに今日でも広く用いられている。
 強力永久磁石の発明により'45学士院恩賜賞、'50文化勲章を受章。鋳造学にも深いかかわりをもち、学振第24委員会(鋳物)委員長、日本鋳物協会、日本シェルモールド協会、綜合鋳物センターの各会長として鋳造技術の発展に尽くした。 さらに新技術開発事業団開発審議会、日本鉄鋼協会、日本金属学会など各種機関の会長を歴任。また、学術会議会員、学士院会員として金属学界および業界に幅広く活躍。「私の履歴書」を'63年10月に『日本経済新聞』に連載。

<現代日本朝日人物事典>
<五輪塔様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。