メイン » » » 望月優子
もちづき ゆうこ

望月優子

もちづき ゆうこ

1917.1.28(大正6)〜 1977.12.1(昭和52)

昭和期の女優

埋葬場所: 23区 1種 43側 4番(鈴木家)

 本名鈴木美枝子。神奈川県横浜市出身。1930(S5)忍岡高女中退し、榎本健一が座頭をしていた東京・浅草の第2次カジノフォーリー、ムーラン・ルージュなどで望月美恵子の芸名で初舞台。'42苦楽座の旗揚げ公演に丸山定夫の誘いで参加。 新宿のムーラン・ルージュに入団(S7)、古川緑波一座(S10)、新生新派(S15)にも加わった。
 戦後は'47滝沢修らの第1次民芸に加わり、「復活」(S22)、「破戒」(S23)などの新劇に出演。'50松竹と契約し、「カルメン故郷に帰る」「現代人」など映画の脇役として活躍。'51優子と改名。 '53木下恵介監督「日本の悲劇」で主役の母親を熱演して注目され、初の主演女優を務めたのを皮切りに、久松静児の「おふくろ」、'57今井正の「米」で演技賞、'58「楢山節孝」'59山本薩夫の「荷車の歌」などで主演し、庶民の母親役の第一人者といわれた。'60児童劇映画「海を渡る友情」を監督。 その後、「ヒロシマ1966」「ヒロシマの証人」に主演するなど、社会問題へ積極的に参加。
 '71(S46)参院全国区に社会党から出馬して当選、沖縄返還特別委員会委員長などで活躍。'77再出馬では落選した。
 著書に「生きて生きて生きて」「生きて愛して演技して」などがある。また'73自伝をテレビドラマ化した「グランド劇場・母として女として」(日本テレビ)に出演。 夫はサンケイ新聞文化部長を務めた鈴木重雄。妹は女優の中村雅子。義弟には元産経新聞論説委員の平野光雄がいる。

<新潮日本人名事典>
<芸能人名事典>


*墓所は鈴木家。墓誌があり望月優子の名も刻まれている。

*妹で女優の中村雅子は、俳優の加藤嘉(16-1-3)に嫁いだ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。