メイン » » » 加藤 嘉
かとう よし

加藤 嘉

かとう よし

1913.1.12(大正2)〜 1988.3.1(昭和63)

昭和期の俳優

埋葬場所: 16区 1種 3側

 東京出身。本名は嘉のヨミが「ただし」。慶應義塾高等部(中退)在学中にアマチュア劇団に出演する。
 1934(S9)東京宝塚劇場の俳優になったが反戦思想に共鳴して、'36新築地劇団付属研究所に入所し、『女人哀詩』で新劇の初舞台をふむ。映画は、'41『流旅の人々』で初出演。 戦後は、'47民衆芸術劇場(第一次民芸)、'50劇団民藝(第二次民藝)創立に参加した。'65文学座に準座員として入り、'67座員に昇格。『女の一生』『五稜郭血書』などの舞台に立った。
 たしかな演技力をもった貴重なワキ役として、映画・テレビドラマにおいて活躍し、出演映画本数は300本を越える。 ハンセン病を患う父親役を演じ、鬼気迫る演技を見せた映画『砂の器』、'57公開された今井正監督作品の『米』では後に妻となる中村雅子を娘役とした零細農民役で不朽の名作を生み出し、'83映画『ふるさと』ではモスクワ国際映画祭の最優秀主演男優賞を獲得した。
 前日の深夜に自宅の寝室で倒れ救急車で運ばれたが、翌日、搬送先の病院で脳卒中のため逝去。享年75歳。

<日本芸能人名事典など>


墓所

*墓石は和型「加藤家之墓」。右側に洋型「道子之墓」。左側に墓誌がある。加藤嘉のみ戒名がなく俗名、没年月日、行年のみ。

*道子の没年月日は昭和13年9月21日で25歳の若さで没している。単純に引き算をすると、大正2年生まれとなるが、そうすると加藤嘉と同年生まれの為、双子なのかと疑問が残るが、詳細は不明。

*加藤嘉は4度結婚している。1番目の妻との間に女子、2番目の妻との間に男子と女子をもうけている。1950(S25)後に女優として初の文化勲章を受章する山田五十鈴と3度目の結婚(五十鈴は2度目)をしたが、3年('53)で離婚した。その後、女優の中村雅子と再婚した。加藤千代は中村雅子との間の娘である。加藤千代も女優として活躍。著書に『わが父の愛と修羅』がある。

*'57公開された今井正監督「米」で零細農民役の加藤嘉と娘役の中村雅子で初共演。その後、東映大泉映画作品「少年探偵団シリーズ」に出演。明智小五郎(岡田英次)の秘書マリ子役が中村雅子で、怪人20面相役は加藤嘉であった。その後も、メロドラマ『船頭姉妹』や『悶える青春』で共演が続いた縁もあり、22歳年下の中村雅子と結婚に至った。


中村雅子 なかむら まさこ
1935.9.23〜 ご存命
昭和期の女優
 東京市下谷区御徒町出身。貴金属鍍金業を営んでいた茂一・たけ の二男四女の三女。異父姉に女優の望月優子(23-1-43-4)がいる。二長町小学校、黒門中学、都立紅葉川高校を卒業。のちに青俳の研究生となる。
 1956(S31)新東宝『何故彼女等はそうなったか』の不良少女役でデビュー。次いで、東映に入り、『宝島遠征』で助演、続く'57公開された今井正監督作品の『米』で零細農民の娘にふんし、喜怒哀楽を的確に表現して注目された。この時、父親役が加藤嘉であり初共演となる。
 東映大泉映画作品「少年探偵団シリーズ」の『かぶと虫の妖奇』『鉄塔の怪人』『二十面相の復讐』に明智小五郎(岡田英次)の秘書マリ子役で出演。この時、怪人20面相役は加藤嘉である。 『爆音と大地』『どたんば』などで理不尽なものに全力で立ち向かうひたむきな娘の役を演じたほか、メロドラマ『船頭姉妹』で娘船頭にふんして加藤嘉と共演。 『逢いたいなァあの人に』に主演。'58『乱暴の七番街』『悶える青春』でも加藤嘉と共演、『曲馬団の娘』ではサーカスの人気芸人にふんして主演した。 同年4月にデビューして2年の間に出演した作品の多くで共演をした22歳年上の加藤嘉と結婚。のちに一女(加藤千代)を儲ける。
 その後は、映画出演を減らし、'59『旋風家族』、'61『飼育』、'62『秋津温泉』、'63『100万人の娘たち』、'64『二十一歳の父』『かあさんのばか』などに助演。 '64『にっぽんぱらだいす』を最後に映画界を去る。テレビは日本テレビ『判決』、NHK『アイウエオ』などに出た。

<日本映画俳優全集・女優編>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。