メイン » » » 丸山鉄雄
まるやま てつお

丸山鉄雄

まるやま てつお

1910.4.1(明治43)〜 1988.12.26(昭和63)

昭和期の芸能プロデューサー、音楽評論家

埋葬場所: 18区 1種 31側

 長野県出身。政治評論家のジャーナリスト丸山幹治・せい(共に同墓)の長男として生まれる。弟に政治学者の丸山真男(同墓)、社会評論家の丸山邦夫(同墓)がいる。
 1934(S9)京都帝国大学卒業し、NHKに入局。主に芸能畑を歩き、'47敗戦後の占領下で、「日曜娯楽版」を三木鶏郎らと制作し、名プロデューサーとして腕を振るう。 この番組は、歌とコントによる痛烈な政治・世相風刺で放送番組史上大きな足跡を残した。豪放気骨の人で知られ、'46NHK長期縦に際しては放送国家管理に反対、部課長会を脱退してストに参加するなど逸話も多い。
 '64日本コロムビア取締役に転じ、'69コロムビア音楽芸能社長となった。'73 LP『激動の昭和』の企画制作により第15回日本レコード大賞特別賞を受賞した。享年78歳。

<朝日日本歴史人名事典>
<講談社日本人名大辞典など>


*墓石は和型「丸山家之墓」。左側に墓誌があり、「丸山鐵雄」と刻む。戒名はない。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。