メイン » » » 丸山邦男
まるやま くにお

丸山邦男

まるやま くにお

1920.6.15(大正9)〜 1994.1.24(平成6)

昭和期の社会評論家

埋葬場所: 18区 1種 31側

 兵庫県出身。政治評論家のジャーナリスト丸山幹治・せい(共に同墓)の三男として生まれる。兄は芸能プロデューサーで音楽評論家の丸山鉄雄(同墓)、政治学者の丸山真男(同墓)がいる。
 早稲田大学仏文科を1926(S21)中退。全日本炭鉱労働組合書記。月刊「丸」編集部を経て、'56からフリーの評論家。 '57大宅ノンフィクションクラブに入り、青地晨ら大宅グループ左派を形成して活躍。天皇制批判、マスコミ論、人物ルポを得意とした。
 '70安保の際には若手のフリーライターと共に"独立ジャーナリスト群団"を結成し、闘争に参加。著書に「ルポライター入門」(共著)、「豚か狼か」「天皇観の戦後史」「遊撃的マスコミ論」「コラムの世界:フリーライターの戦後史」など多い。日本ペンクラブ、日本ジャーナリスト連盟に加盟し、日本エディタースクール講師なども務めた。 享年73歳。

<評論家人名事典>
<現代物故者事典1994-1996>
<MATHU様より情報提供>


*墓石は和型「丸山家之墓」。左側に墓誌があり、「丸山邦男」と刻む。戒名はない。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。