メイン » » » 丸茂武重
まるも たけしげ

丸茂武重

まるも たけしげ

1912(明治45)〜 1990.3.12(平成2)

昭和期の考古学者

埋葬場所: 4区 1種 24側

 東京出身。1935(S10)國學院大學文学部国史学科卒業。 東京考古学会に所属していた若い頃、杉原荘介(10-1-13-26)らがおり、設立者であり恩師の森本六爾の口癖であった「考古学は文学である」という言葉に感銘し、考古学のみならず、原始美学の研究にも打ち込んだ。
 国学院大学幼稚園教員養成所(幼児教育専門学校)所長。'69国学院大学文学部史学科教授。'83定年退職。満州出土怪人面攷などの研究を行なう。 主な著書に『神々と知性の戦い』『原始形像研究序説』『面と構造』『古代の道と国』『中世の旅人たち』など。文学博士。 心不全のため死去。享年77歳。娘に脚本家の綾部伴子(同墓)、孫に役者の丸茂太郎。

<現代物故者事典 88/90 など>


*墓石左側にある墓誌に、丸茂武重の簡略歴が刻み、その横に並ぶようにして娘の本名の丸茂智恵子とペンネームの綾部伴子の両名前、生没年月日と、脚本家として活躍「ありがとう」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。