メイン » » » 木村 功
きむら いさお

木村 功

きむら いさお

1923.6.22(大正12〜 1981.7.4(昭和56

昭和期の俳優

埋葬場所: 22区 1種 45側〔邦枝家〕

 広島県千田町出身。広島二中卒業後、1941(S16)上京し、文化学院に入学。在学中より演劇運動に没頭し、数々の学生演劇に出演。山本嘉次郎監督にスカウトされ「ハワイ・マレー沖海戦」にも出演した。 '43文化学院閉鎖に伴い一年繰り上げで卒業。'44召集され、海軍への従軍。'45終戦による復員で広島に帰郷したが、家族全員が広島への原子爆弾によって失っていた。
 '46失意の中、再び上京し俳優座に入る。イタリアのネオ・リアリズム映画に刺激を受け、日本の新劇運動に疑問を抱くようになり、'50退団。同.12 岡田英次らとともに青年俳優クラブを結成。 '49黒澤明監督が痩せこけた俳優を探しており目に留まり「野良犬」に出演。三船敏郎演じる刑事に追われる惨めな復員兵の犯人役を熱演、戦争の深い傷跡を表現し大きな注目を集めた。 以後、黒澤作品の常連となり、「生きる」「七人の侍」「天国と地獄」などで好演した。「七人の侍」('54)はヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞受賞作品であり、功は勝四郎の役を熱演した。
 青年俳優クラブは、'54劇団青俳と改称。岡田英次、金子信雄、高原駿雄らと翻訳劇、創作劇を意欲的に上演、映画「億万長者」などの製作も行い、劇団の中心的人物として活躍する。一方、黒澤作品のほか、「人間魚雷回天」「米」「宮本武蔵」「関の弥太っぺ」「暗殺」「雪国」など大作・話題作映画にも出演。 また、戦後左翼運動の台頭などで活発化した独立プロ運動に共鳴し「山びこ学校」「真空地帯」「雲ながるる果てに」「足摺岬」「樹氷のよろめき」など、社会派リアリズム映画の話題作に数多く出演し、スターとしての地位も確立した。
 劇団青俳は二本柱であった岡田との意見に次第にズレが生じ、'68劇団内部の戯曲選出の意見の対立から分裂し、岡田ら多くの個性的な俳優陣が脱退。'70社長の本田延三郎も離れ、仲間たちも徐々に移籍、独立。また劇団社長が劇団以外の乱脈経営に乗り出し失敗。'79多額の負債を抱え倒産。自らも1.7億円の借金を背負うことになった。
 代表的な舞台は、'69「ヴァージニア・ウルフなんか怖くない」、'73「幻の女」など多数。最後の映画の出演は「渚の白い家」('78)。晩年は、テレビのホームドラマなどにも出演しており、遺作は東芝日曜劇場「娘からの花束」(TBS・'81)。食道癌のため逝去。享年58歳。

<日本芸能人名事典など>
<森光俊様より情報提供>


*墓石正面「邦枝家墓」。裏面に建之者として邦枝完二の名が刻む。墓誌はない。木村功もこの墓に合葬されている。

*妻はエッセイストの木村梢(1926-)。義父は小説家の邦枝完二(同墓)。木村梢は回想記『功、大好き』を刊行しベストセラーとなった。また編著『功、手紙ありがとう』も話題となった。

*妻の梢とは、'43文化学院演劇部での「華々しき一族」で共演をしたことが縁となり、海軍入隊前に結婚を申し込むが、梓の父で作家の邦枝完二から許しを得られなかった。 戦後、家族全員を原爆により失い失意の中、再上京し、俳優座にて志高く俳優業に取り組んでいた功を、邦枝完二は了承し、'48.4.1功と梓は結婚。 同年暮れより藤沢市鵠沼の梓の実家に同居し、結婚生活をスタートさせた。'54.10鵠沼を離れ、東京都渋谷区西原へ転居。

*梓の妹のクニエダヤスエ(1932-2011.3.20:文京区本郷の喜福寺)は帽子デザイナーとして活躍後、'78テーブルコーディネーターに転身し、テーブルコーディネートというジャンルを確立させたパイオニア。夫は写真家の佐藤明。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。