メイン » » » 邦枝完二
くにえだ かんじ

邦枝完二

くにえだ かんじ

1892.12.28(明治25)〜 1956.8.2(昭和31)

大正・昭和期の小説家

埋葬場所: 22区 1種 45側

 東京麹町出身。本名は莞爾。祖父は三百石取りの幕臣、父は馬術に長じていた。娘はエッセイストの木村梢(1926-)。娘婿は俳優の木村功(1923-1981)。
 慶応大学在学中「三田文学」に作品を発表、同誌の編集を手伝う。永井荷風の影響を受け浮世絵など江戸文化への関心を強めた。 慶大中退し、1920(T9)帝劇文芸部に入り、戯曲集「邪劇集」「異教徒の兄弟」などを執筆。 28(S3)の「東洲斎写楽」をはじめ「歌麿」「お伝地獄」「浮名三味線」と新聞小説を次々と発表、時代風俗小説家として広く名を知られるに至った。 戦後も、50「東京一代女」や51「千姫」ついで「恋あやめ」など多くの小説を発表した。

<コンサイス日本人名事典>


*墓石正面「邦枝家墓」。裏面に建之者として邦枝完二の名が刻む。墓誌はない。同墓には長女の梓の夫で俳優の木村功も合葬されている。

*長女の梓(1926-)は女優からエッセイスト。次女のクニエダヤスエ(1932-2011.3.20:文京区本郷の喜福寺・夫は写真家の佐藤明)は帽子デザイナーからテーブルコーディネーター。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。