メイン » » » 川崎小虎
かわさき しょうこ

川崎小虎

かわさき しょうこ

1886.5.8(明治19)〜 1977.1.29(昭和52)

大正・昭和期の日本画家

埋葬場所: 7区 2種 7側 2番

 岐阜県出身。尾張藩士で徳川家に仕えた代々浮世絵師の家柄。祖父は大和絵画家の川崎千虎(同墓)。本名は隆一。1910(M43)東京美術学校(東京芸大)卒業。
 祖父の千虎に大和絵を学び、祖父が亡くなった後は、祖父の門下であった小堀鞆音(7-2-7-1)に師事した。 青年時代には新大和絵的幻想風でロマンチックな作風をみせたが、次第に自然と生活に密着した南画的な滋味あふれる画風へとかわった。 '16(T5)文展で「花合せ」が特選受賞。帝展、日展などの審査員を務める。'43(S18)母校の東京美術学校の教授。 娘の夫の東山魁夷や、山本丘人、加藤栄三らと国土会を結成。晩年は脳溢血のため体が不自由になったが、左手を使って制作に励むなど、生涯描き続けた。 '61芸術院恩賜賞。代表作に「春の訪れ」「荒涼」「萌え出づる春」などある。享年90歳。
 長男の川崎鈴彦、次男の川崎春彦は共に日本画家、長女のすみは日本画家の東山魁夷に、次女あいは建築家・陸軍技師の柳井平八(6-1-5-15の3)の長男で陸軍技術少佐の柳井斌(6-1-5-15の3)に嫁いだ。春彦の長女で孫の川崎麻児も日本画家。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典など>


墓誌

*川崎家の先祖代々墓所は名古屋市千種区の菩提寺であり、祖父の千虎の墓石は「川崎千乕之墓」として名古屋にも存在する。 多磨霊園は千虎以降の代々の名が墓誌には刻む。なお、師の小堀鞆音の墓所は隣である。


川崎鈴彦
1925.7.13(大正14)〜ご健在
昭和・平成期の日本画家
 東京出身。川崎小虎の長男。1948(S23)東京美術学校(東京芸大)日本画科を卒業。'49日展で「丘」が初入選。 以後、日展を中心に活躍し、'56、'60に特選、'67菊華賞。'71女子美術大学教授、のち武蔵野美術大学教授。 '84ハーバード大学、ボストン美術付属美術学校の客員教授を歴任。この間、'80第12回日展で「翳り」が内閣総理大臣賞。 '94(H6)第7回MOA岡田茂吉大賞受賞。日展評議員を長く務める。

<講談社日本人名大辞典など>


川崎春彦
1929.3.17(昭和4)〜ご健在
昭和・平成期の日本画家
 東京出身。川崎小虎の次男。1950(S25)東京美術学校(東京芸大)日本画科を卒業。日展を中心に日本画院展、 日本美術協会展などでも活躍。日展で'61、'64に特選。'83「野」で日展文部大臣賞。強い色彩で動きのある自然を描いた。 2005(H17)恩賜賞、日本芸術院賞。日展理事。

<講談社日本人名大辞典など>


川崎麻児
1959(昭和34)〜ご健在
昭和・平成期の日本画家
 東京出身。祖父に川崎小虎、父に川崎春彦、伯父に川崎鈴彦、外伯父に東山魁夷。1982(S57)武蔵野美術大学日本画科を卒業。 '83日展で初入選。'97(H9)第14回山種美術館賞展にて優秀賞第1席受賞。2000第31回日展出品作の「旅の途中」を文化庁に買い上げられるなど注目された。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。