メイン » » » 加藤清政
かとう きよまさ

加藤清政

かとう きよまさ

1917.1.10(大正6)〜 1995.12.7(平成7)

昭和・平成期の政治家、千代田区長

埋葬場所: 4区 2種 33側

 長野県出身。警視庁警部亀戸分署長を務めた加藤六之助・房恵の子。1930(S15)法政大学法文学部卒。 戦後、千代田区役所主事をへて都職労青年部長。 '47から千代田区議3期、都議4期。'72衆議院議員(東京都第1区選出)に初当選。日本社会党に属した。 '76再選に失敗。'80飛鳥田社会党委員長の出馬に伴い立候補を断念、参院選に立候補するが落選。 '81年1月自民党推薦で第5代東京都千代田区長に当選、2期つとめた。全国連合戸籍事務協議会会長。 紺綬褒章(昭和33)、藍綬褒章(昭和45)、勲三等旭日中綬章(昭和63)、千代田区名誉区民(平成1)。従四位。

<『現代物故者事典1994-1996』>
<MATSU様より情報提供>


墓所

*墓所内に略歴等が刻む墓誌碑が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。