メイン » » » ガントレット恒
がんとれっと つね

ガントレット恒

がんとれっと つね

1873.10.26(明治5)〜 1953.11.29(昭和28)

明治・大正・昭和期の婦人運動家

埋葬場所: 10区 1種 8側 47番

 帰化名は岸登恒。愛知県箕輪村の山田家に生れる。作曲家の山田耕筰(西多摩霊園A区6)は弟。叔父の大塚正心の感化で信仰と社会事業に早くより目覚めた。 叔父の希望で1878(M11)6歳で英女学家塾(桜井女学校)に入り桜井ちかの薫陶を受け、後に女子学院において矢嶋楫子(3-1-1-20)の下で学び、前橋共愛女学校(共愛学園)に赴任。 ミス・パーミリー,H.F.(Parmelee,H.F.)と生活を共にし、信仰生活の転換を体験、群馬県下伝道に同行。 1898(M31)ガントレット,G.E.L.と結婚し、英国籍となる。正式に法的手続きをして外国籍を取得した日本最初の事例である。
 1901(M34)より夫の任地、岡山及び山口に16年間居住し、宣教師の通訳として伝道に協力。 その後、上京して学校教師と矯風活動に携り、46(S21)矯風会会頭に就任し戦後の会の復興に努めた。 婦人選挙権獲得運動、世界平和のため重要国際会議出席を重ね、国際舞台で大いに活躍。 '34汎太平洋婦人会議で会長に選ばれ、のち名誉会長に推された。日本婦人参政権協会、日本婦人平和協会、基督教平和協会などにて活躍。『自伝七十七年の思い出』(1949)がある。

<日本キリスト教歴史大事典>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。