メイン » » » ジョージ・エドワード・ラックマン・ガントレット
Gauntlett, George Edward Luckman

ガントレット,G.E.L

Gauntlett, George Edward Luckman

1868.12.4(明治1)〜 1956.7.29(昭和31)

明治・大正・昭和期の英語教師、音楽家

埋葬場所: 10区 1種 8側 47番

 ウェールズ・スワンシーの名家に生れたイギリス人。当地の小学校を卒業後、ブライトンの中学校で学び、のちロンドンに出て美術学校に入学した。 1891(M21)来日し、東京高等商業学校、千葉中学校、麻布中学校で英語を教えたのち岡山に赴任、岡山第六高等学校英語教師に就任。 同校に6年間在職、ついで金沢に転じ金沢第四高等学校の英語教師となった。さらに山口高等商業学校英語教師となり、8年6ヶ月山口に滞在した。 1919(T8)東京に転じ立教大学非常勤講師として'36(S11)まで在職、英語などを教えた。
 彼は商業英語や速記、英習字等の実用英語の教授法をわが国に導入し、また英語のほかにも、岡山第六高等学校に在職中に学生達にエスペラント語を教え、1906年にはエスペラント協会の結成をみるに至った。 そのうえ音楽にも堪能で、東京本郷の中央会堂に備えられた、当時わが国で最大のパイプ・オルガンの演奏も担当した。 1898年日本女性山田ツネと結婚、彼女の実弟は山田耕筰(作曲家)であり、長男のJ.O.ガントレットも青山学院大学で英語を教えるかたわらフルート奏者として活躍するなど、音楽一家であった。 東京で死去。生前、日本政府より勲五等瑞宝章が贈られた。

<来日西洋人名事典・増補改訂普及版>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。