メイン » » » ヴィクトル・スタルヒン
Victor Starffin

ヴィクトル・スタルヒン

Victor Starffin

1916(大正5)〜 1957.1.12(昭和32)

昭和期のプロ野球選手(投手)

埋葬場所: 外人墓地区 1種 2側

 ロシア南部カテリンブルグ出身。1919(T8)ロシア革命のあおりを受けて日本に亡命。1929(S4)旭川に移住。旭川中学を中退して上京、1934(S9)11月26日に大リーグ選抜軍を相手にするために編成された全日本軍に入る。 右投右打で投手。 11月29日の大宮球場で行われた日米野球の8回に登板、三者凡退にきってとって順調にデビュー戦を飾った。チームは23対5で大敗。'36巨人軍に入団し背番号17。 入団1年目は沢村栄治の陰に隠れて1勝しか揚げれなかったが、入団2年目は春期13勝4敗、秋期には15勝7敗、防御率1.85の成績を残し、最多勝のタイトルを獲得。春秋期合わせて28勝を挙げた。 この年の7月3日にはイーグルス戦でノーヒットノーラン(4-0)を達成。 '38春期14勝3敗、秋期19勝2敗の成績を残して春期の最多勝、秋期の最多勝・最優秀防御率のタイトルを獲り、シーズンMVPに輝いている。 '39に42勝15敗、38完投という不滅の大記録を残し、最多勝と奪三振王となって、2年連続MVPに選出された。'40も38勝で最多勝、16完封と大活躍。 巨人には戦争悪化で一時中断するまでの'44まで在籍し、311登板199勝61敗192完投62完封という大活躍をした。
 日本選手が兵隊に次々と取られていく中、無国籍であったスタルヒンは巨人エースとして投げ続けていた。名前も「須田博」に改名。肋膜炎で倒れ医者から野球生活を断念することを宣告される。失意の中、巨人軍からも追放された。 更に敵性外人として軽井沢に抑留され、終戦によって解放。東京に出て偶然進駐軍の通訳兼案内として採用された。 戦後すぐプロ野球復活の動きが進んでおり、病を克服していたスタルヒンは巨人時代の監督であり恩師の藤本定義の誘いでパシフィック太平でプロとして復帰。その後、藤本が監督として指揮する太陽ロビンス、金星スターズ、大映スターズと共についていった。 その後も高橋ユニオンズ、トンボユニオンズと球団を転々とする。大映で27勝17敗の成績を残して最多勝を獲得。'55の9月にトンボで日本プロ野球史上初の300勝を達成し、その年7勝21敗の成績で現役引退。 二年後の'57の1月12日、車の運転中に停車中の電車に激突し、40歳の若さで不慮の死を遂げた。191センチという長身から投げ下ろすストレートは、全盛期は160キロほど出ていたと言われ、低めのコントロールが非常に優れていた。

通算成績:実働19年、303勝(歴代6位)176敗、防御率2.09(歴代5位)、1960奪三振。83完封(歴代1位)最多勝6回(1937春〜1940・1949)最優秀防御率1回(1938)最優秀勝率2回(1938秋・1940)最多奪三振2回(1938・1939)

<The Baseball Hall of Fame & Museum 2001(ベースボール・マガジン社)>


*私生活では、'38ニコライ堂で知り合ったレーナと結婚するが、更に敵性外人として軽井沢に抑留され外国人奴隷のように扱われていた惨めな生活に妻レーナは耐えられず、これが原因で不仲となり戦後離婚した。 '50高橋久仁恵と再婚し、翌年長女ナターシャが誕生した。ナターシャ・スタルヒンはスチュワーデス、外資系企業の秘書などを経て、'79ビューティ&ダンディを設立し代表取締役。 ホリスティック栄養士として健康やダイエット本を数多く執筆されてる。また亡き父を綴った本も出版している。

*スタルヒンの正墓所は、秋田県雄物川町今宿の崇念寺にある。このお寺は妻である高橋久仁恵の弟の高橋大我氏が住職を務める寺である。 現在の墓は、'89(H1)スタルヒン33回忌の命日に合わせ娘のナターシャが建立し直したものである。

*多磨霊園にはスタルヒンの父親であるコンスタンチンと母親エレキドアの墓所があり、そこにスタルヒンの骨も分骨されて眠る。


*あるホームページではビクトル・コンスタンチノビッチ・スタルヒン(ВикторКонстантиновичСтарухин)とされていましたがお墓に書かれていたのはビクトル・ペドロビッチ・スタルヒン(ВикторФедоловичСтарухин)でした。

<てぃん蔵様より情報提供>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。