メイン » » » 大下宇陀児
おおした うだる

大下宇陀児

おおした うだる

1896(明治29)〜 1966(昭和41)

昭和期の探偵小説家

埋葬場所: 18区 1種 12側(木下家)

 長野県出身。本名木下龍夫。九州帝大工学部応用化学科卒。農商務省臨時窒素研究所に勤務。1925年(T14)「金口の巻煙草」を森下雨村に送り、「新青年」に発表。 29年(S4)「週刊朝日」に「蛭川博士」を発表し、作家専業になると、通俗的な犯罪心理や怪奇幻想小説を中心に、戦前の人気作家として、短編や長編を量産。リアルな筆致でロマンチックな犯罪風俗小説を多く書いた。 また、犯罪動機を重視する一方、超人的名探偵を否定しており、社会派推理小説の元祖、SFの先駆者であり、星新一を見出した。戦争中は雑司が谷五丁目の会長を務め、終戦時には自殺を考えるが思いとどまる。 47からはNHKの「二十の扉」のレギュラーメンバー。「柳下家の真理」「蟹の足」が探偵作家クラブ賞短編賞候補作となり、50「石の下の記録」で第4回探偵作家クラブ賞長編賞を受賞。 一方でこの受賞は関西探偵作家クラブ会報「KTSC」誌上で覆面子“魔童子”によって「タライ廻し」と揶揄される。 魔童子の正体は、高木彬光と山田風太郎だった。52探偵作家クラブの二代目会長に就任。 53「畸形の天女」は江戸川乱歩(26-1-17-6)、角田喜久雄、木々高太郎(10-1-6-3)との連作。58伊之内緒斗子名義で、科学小説「巴須博士の研究」を発表。 64SF「ニッポン遺跡」を脱稿するが、未定稿として十年がかりで完成させようとするが二年後心筋梗塞のため死去。その後、67に刊行された。

<コンサイス日本人名事典>


おおした うだる

*墓所は正面に木下家。左側に『木下龍夫 筆名 大下宇陀児』の碑が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。