メイン » » » 岡本太郎
おかもと たろう

岡本太郎

おかもと たろう

1911.2.26(明治44)〜 1996.1.7(平成8)

昭和期の芸術家

埋葬場所: 16区 1種 17側 3番

 ストーリー漫画の先駆者である岡本一平(同墓)を父とし、小説家の岡本かの子(同墓)を母として、かの子の実家である神奈川県高津区(現・川崎市)にて生まれる。 東京青山にて育つ。風刺・風俗漫画家の池部均の妻は岡本一平の妹のため、その息子である俳優の池部良は従兄弟。
 東京美術学校洋画科(東京芸大)を半年で中退し、1929(S14)父のロンドン軍縮会議取材に伴い、両親と共に渡欧し、そのまま単身パリのソルボンヌ大学哲学科に留学した。 ピカソに影響されるが、シュルレアリスムに関わったことでそちらに傾斜した。 パリには11年間滞在したが、'40ドイツ軍のフランス侵攻を受け帰国。帰国後、二科会に参加。 '42〜'45陸軍二等兵として召集され中国に出征。'47平野(岡本)敏子(同墓)と出会う。敏子は後に養女となった。 '48阿部公房、花田清輝、埴谷雄高らと「夜の会」を結成。'52東京国立博物館にて見た、縄文土器の強烈な表現に不思議なモノを感じ、また沖縄の魅力にも影響を受けた。 アヴァンギャルド芸術、対極主義を主張し、『夜明け』『重工業』『森の掟』等の問題作を次々に発表。以後、他国で個展を開くようになる。 '54現代芸術研究所を設立し、『今日の芸術』刊行。'56旧東京都庁舎に『日の壁』『月の壁』など11の陶板レリーフを制作。 '61二科会を脱退。'67日本万国博のテーマ展示プロデューサーになり『太陽の塔』を制作('70大阪万国博覧会)。 他に、『こどもの樹』『母の塔(原作)』『座る事を拒否する椅子』など、平面・立体作品を数多く残し、文筆活動も精力的に行った。 近鉄バファローズ(現:オリックスバファローズ)の“猛牛マーク”を制作したことはあまり知られていない。 後年はTVなどメディアへの露出も多く、「芸術は爆発だ」のCMで庶民的にも知名度は高い。 '96「君は画家になりなさい」という手紙を送ったことが、画伯ジミー大西を誕生させるきっかけとなった。 80歳頃からパーキンソン病を患い、急性呼吸不全のため慶応義塾大学病院にて逝去。享年84歳。
 没後、1998(H10)に青山の住居・アトリエ跡を岡本太郎記念館として開館。翌年に川崎市の生田緑地内に岡本太郎美術館が開館した。

<コンサイス日本人名事典など>


墓地
墓地
墓地

*墓碑は1967制作の『午後の日』であり、ブロンズでできている。なお、同じ作品は西宮市大谷記念美術館にもある。

*墓所正面左側に太郎の墓があり、正面右側に一平の墓、かの子の墓がある。正面には川端康成の辞が彫られている碑がある。

*2005(H17)養女の岡本敏子(同墓)が逝去され、墓所内に太郎と敏子が並んで刻む墓誌が建立された。

*1968(S43)メキシコで制作した「明日の神話」が長い間行方不明であったが、2003(H15)メキシコシティ郊外の資材置き場にひっそりと保管されていた壁画を岡本敏子が確認、発見した。 その後、日本に移送、修復作業が行なわれ、2006.7.7汐留日テレプラザにて初公開。これは『明日の神話 再生プロジェクト』と題され、再び岡本太郎が注目されることとなった。

*岡本太郎作『午後の日』の墓碑の右隣に、太郎と敏子の連名の墓誌が敏子没後に建立された。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。