メイン » » » 小川郷太郎
おがわ ごうたろう

小川郷太郎

おがわ ごうたろう

1876.6.9(明治9)〜 1945.4.1(昭和20)

大正・昭和期の政党政治家、財政学者

埋葬場所: 15区 1種 10側

 岡山県浅口郡出身。旧姓は村山。村山菊蔵の長男。岡山県医局長で医師の小川知彰の養子。
 1903(M36)東京帝国大学法学部政治科卒業し、大蔵省に入省するが、翌年新設された京都帝国大学経済学部に迎えられ講師となる。 助教授となり、'06から4年間ドイツ、オーストリアに留学。経済学、財政学を研究し、'12帰国し教授となり、'24(T13)まで在任。 その間、法学博士となり、経済学部長に推された。また、関西商工会議所特別議員として政治、経済の実際問題に関与していたが、政界に転じ民政党に属し、1917(T6)以来、衆議院議員に当選。以後当選8回。新政会から政友本党政調会長。 民政党に合流するとともに党政調会長となり、'29(S4)浜口内閣の大蔵政務次官、'36広田内閣の商工大臣、'40第二次近衛内閣の鉄道大臣を歴任。 新体制運動に協力して準備委員から翼賛会顧問。'43(S18)大戦中、翼政会総務のときビルマのバー・モウ政権の政府最高顧問に任ぜられ同国に赴任し、財政再建にあたった。 '45帰任の途中、アメリカ潜水艦の攻撃で乗船汽船の阿波丸が沈没(阿波丸沈没事件)し死去した。 この船に乗っていた、外務省調査局長を務めていた山田芳太郎(11-1-14)も犠牲となった。
 著書に『租税総論』、『交通経済論』、『税制整備論』、『財政学』共著など。'68従三位勲一等旭日大綬章追贈。 享年68歳。戒名は至誠院殿義剛顕道大居士。

<コンサイス日本人名事典>
<世界人名辞典>
<森光俊様より情報提供>


*墓所は正面「小川家之墓」。左側に墓誌があり、各々の名前が刻む。

*郷太郎は小川知彰・はるの長女の順と結婚し婿養子となっているため、養父の小川知彰も同墓に眠っています。 また、同墓には郷太郎の子で実業家として活躍した小川彰(1905-1989.4.26)、彰の子で住友商事取締役、住商メタレックス株式会社社長を務めた実業家の小川英典(1941-2007.5.20)も眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。