メイン » » » 小笠原忠忱
おがさわら ただのぶ

小笠原忠忱

おがさわら ただのぶ

1862.3.8(文久2.2.8)〜 1897.2.6(明治30)

幕末・明治期の小倉藩主、伯爵

埋葬場所: 2区 1種 4側 11番
(大きな倉状の納骨堂)

 幼名は豊千代丸。号は錦陵。豊前国小倉藩の第9代藩主の小笠原忠幹の次男。兄は安志藩主の小笠原貞孚。
 4歳の時に父が卒し、藩主不在のまま、譜代である小倉藩は長州藩と対立。 慶応2年に始まった第二次征長では、小倉に本営が築かれ、小笠原長行の指揮下に下関口の戦闘に参加。同年7月将軍徳川家茂の訃報により、長行などが引き揚げ孤立し、8月小倉城を炎上させ、田川郡香春に藩庁を移した。 1867(慶応3)わずか6歳にして家督を継いだ。官位は従三位。幼少だったため、家老の小宮民部、島村志津摩らの補佐を受けた。 1869(M2)から廃藩置県まで豊津藩知事。1873イギリス留学、1878帰国。以後、豊前育英会をつくり郷土の人材育成につくした。 1884また伯爵を授爵。享年36歳。

<幕末維新人名事典など>


*武家・小倉(豊前)藩・15万石。信濃小笠原氏の後胤。明治2年に忠忱は戊辰戦争における奥羽出兵に功あり、 廃藩置県後の明治17年7月7日に伯爵を授爵した。忠忱→長幹→忠春→忠統

*浅草海禅寺に葬られたが、昭和初期に多磨霊園に改葬された。多磨霊園の中で一番大きなお墓である。倉状の納骨堂になっている。

*現在は取り外されているが、改葬当時は納骨堂の上部に「相輪」があった。下記の写真は戦前に「茶屋 よしのや」で販売されていた絵葉書の写真である。写真を提供してくださいました徳川葵様ありがとうございます。

小笠原伯爵納骨堂小笠原伯爵納骨堂 現在
改葬当時2011 現在

<徳川葵様より写真提供>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。