メイン » » » 伊東静江
いとう しずえ

伊東静江

いとう しずえ

1893.9.1(明治26)〜 1971.2.12(昭和46)

昭和期の教育者、大和学園創立者

埋葬場所: 16区 1種 1側

 小田急電鉄創立者の利光鶴松(9-1-2-7)の子として東京市深川に生れる。 東京女子高等師範学校付属高校から1911(M44)聖心女子学院語学校に入学、外国人修道女たちの生活と精神に強い感動を受け受洗。洗礼名モニカ。 14(T3)同校を卒業、キリスト教精神に基く学園創立を志した。 29(S4)3月にそれが実現して、学ぶ者も教える者も共に〈神を信じ希望し愛深い〉心をもって人を愛し社会に奉仕する人材となることを目的とし、教育には信仰と自然の恵みを絶対欠かせぬという信念から、大和村南林間に大和学園(高等女学校)を設立した。
 38には渡米して海外教育事情や婦人運動を視察。婦人の自覚と向上のため盛んな執筆活動を続け、国際的視野に立つ学園のあり方を追求した。 戦時中は廃校同然の状況に追込まれたが教育への情熱は衰えることなく、終戦直後の45年3月大和農芸女子専門学校を設立。 また61には学内信徒教員によるモニカ会を結成し、学園におけるキリスト教信仰の推進に努める母体とした。 これら信徒使徒職によるカトリック学園の創始は、日本のみならず世界的にも珍しい試みであった。62ローマの世界カトリック農村生活会議に日本代表として参加。 69には東京教区カトリック婦人同志会会長に就任した。心臓を患っていたにもかかわらず、死に至るまで職務に励み、朝のミサを欠かすことがなかった。 大和学園聖セシリア女子短期大学のマリア寮で帰天。

<日本キリスト教歴史大事典など>
<MATSU様より情報提供>


碑

*広大な墓所の正面に伊東家の墓石、左側南を向いて静江の碑が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。