メイン » » » 入野義朗
いりの よしろう

入野義朗

いりの よしろう

1921.11.13(大正9)〜 1980.6.23(昭和55)

昭和期の作曲家、音楽家

埋葬場所: 15区 1種 17側

 ソ連のウラジオストク生まれ。1943(S18)東大経済学部卒。在学中に東大オーケストラで戸田邦雄、柴田南雄を知り、柴田の紹介で諸井三郎に師事して作曲を学んだ。 卒業後、海軍主計大尉として出征。この間も独学で作曲を続けた。戦後'46柴田、戸田、中田喜直、別宮貞雄らと「新声会」を結成、作品発表会をひらいた。 シェーンベルクの創始した12音音楽に強い関心をもち、40年代末から雑誌などに紹介するとともに、みずからも12音の音列技法を用いて「7楽器のための室内協奏曲」(51年)、「シンフォニエッタ」(53年、毎日音楽賞)などを作曲、先駆的な役割を果たした。 12音音楽はわが国の若い世代の作曲家たちにも次第に一般化していき、海外の動向とも結びついて、'50〜60年代にかけて、12音音楽からトータル・セリエリズム(音楽のすべての要素を音列化し組織化して作曲する方法)へと進んだが、そこには入野の大きな影響があった。 '57柴田、黛敏郎、諸井誠らと「20世紀音楽研究所」を組織。音楽祭をひらいて海外の新しい動向を紹介した。 また桐朋音楽大教授、JMLセミナーなどで音楽教育に尽力するとともに、日独現代音楽祭(のちパンムジーク・フェスティバル)、アジア作曲家連盟設立など国際的に活動。 そのほかの代表作に「2つの弦楽器群と管・打楽器群のための合奏協奏曲」(57年尾高賞)、「シンフォニア」(59年尾高賞)、「法楽3重奏曲」(65年)、2本の尺八とオーケストラのための「ヴァンドルンゲン(転)」(73年)、室内オペラ、近松門左衛門による「曽根崎心中考」(77年)などがある。

<現代日本朝日人物事典>
<五輪塔様より情報提供>

*入野義朗が二度受章した尾高賞は、作曲家に与えられる権威ある賞であり、尾高尚忠(12-1-1)を記念して創設された賞である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。