メイン » » » 尾高尚忠
おだか ひさただ

尾高尚忠

おだか ひさただ

1911.9.26(明治44)〜 1951.2.16(昭和26)

昭和期の指揮者、作曲家

埋葬場所: 12区 1種 1側

 父方祖父の尾高惇忠(1830〜1901)は殖産家であり、民営富岡製糸場所長を務めた。母方祖父は実業家で男爵の渋沢栄一。 父の尾高次郎(1866〜1920)は漢学者・銀行家。伯母の尾高ゆう(勇)は富岡製糸場伝習工女第一号として著名。 長兄の尾高豊作(1894〜1944)は郷土教育家・出版人、次兄の尾高朝雄(1899〜1956)は法哲学者、三兄の尾高鮮之助(1901〜1933 同墓)は東洋美術研究家。四兄の尾高邦雄(1908〜1993)は社会学者。
 成城高校を中退しウィーンに留学。1932(S7)一時帰国し武蔵野音楽学校で教える傍らプリングスハイムに作曲を学ぶ。 34〜40再度ウィーンに留学し、同地の音楽アカデミーの作曲科マスター‐クラスを優等で卒業。 指揮科でワインガルトナーにも師事。帰国後、日本交響楽団(NHK交響楽団の前身)の常任指揮者として、 過労で没するまで交響楽運動に献身した。 作曲家としても、ウィーンでの卒業作品「日本組曲」や「フルート協奏曲」などの佳作を残した。 彼の名を記念して作曲家に与えられる〈尾高賞〉がある。
 妻の尾高節子(みさおこ)はピアニスト。節子の姉の長岡輝子、妹の若林春子は共に女優、妹の倉田陽子、その娘の倉田澄子はチェリスト。 長男の尾高惇忠は作曲家、惇忠の妻の尾高綾子は声楽家。次男の尾高忠明は指揮者、忠明の妻の尾高遵子はピアニストの音楽一家である。

<コンサイス日本人名事典>


*墓所は、正面に兄の尾高鮮之助之墓が建ち、右側に尾高尚忠・節子の洋型で音符が刻む墓が建つ(裏面は略歴が刻む)。 左側には「われは 甦えりなり 生命なり ヨハネ11-25」と刻む碑がある。


尾高惇忠 おだか あつただ
1944.3.10(昭和19)〜ご健在
昭和・平成期の作曲家
 東京都千代田区出身。指揮者・作曲家の尾高尚忠を父、ピアニストの尾高節子を母の長男として生まれる。弟の尾高忠明は指揮者。  1966(S41)東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。フランス政府給費留学生として渡仏、パリ音楽学院でモーリス・デュリュフレ、ジャン=クロード・ヘンリー、マルセル・ビッチュ、アンリ・デュティーユらに師事。 '70帰国。のち東京芸大助教授となる。主な作品に『オーケストラのためのイマージュ』『オルガンのためのエッセイ』『フルートとピアノのための音楽』、合唱組曲『いしのうえ』などがある。 '81第三十回尾高賞受賞。師は池内友次郎、八代秋雄。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会、日仏音楽協会に所属。妻の尾高綾子は声楽家。

<音楽家人名事典>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。