メイン » » » 海老名 みち
えびな みち

海老名 みち

えびな みち

1899(明治32)〜 1988(昭和63)

音楽(ピアノ)教育家

埋葬場所: 12区 1種 7側 18番

 キリスト教伝道家の海老名弾正(同墓)の長女。本名道子。
 1922(T11)東京音楽学校(現芸大)本科器楽部卒業。31(S6)ドイツ留学、ベルリンにてシュナーベルの高弟リーベンザームに師事、33帰国。 33〜45東京麹町区富士見町にて、道子ピアノ研究所を開設。48〜73武蔵野音楽大学ピアノ科講師。48〜88キリスト教音楽学校理事、ピアノ科主任。 その間、57道ピアノグループを創立。毎年演奏会を催し、87年11月第30回演奏会を完成。生涯、子供の音楽教育、すぐれた演奏家の育成に心血を注ぎ、情熱を燃やした教育家であった。

<墓誌より>


墓誌


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。