メイン » » » 吉阪隆正
よしざか たかまさ

吉阪隆正

よしざか たかまさ

1917.2.13(大正6)〜 1980.12.17(昭和55)

昭和期の建築家、登山家

埋葬場所: 2区 1種 6側

 1952(S27)フランスのル=コルビジエのアトリエに勤務、57ベニス−ビエンナーレの日本館設計で芸術選奨受賞。 58ブラジル招聘講師として国際都市計画シンポジウムに参加、59早大教授。各国の大学や会議に招かれて国際的に活躍する一方、70〈21世紀の日本列島像〉で総合賞を受けるなど新しい社会環境や技術環境に対応する新ビジョンを展開した。 73日本建築学会会長。主な建築は日仏会館(1959)、大学セミナー−ハウス(1965)など。 登山家・探検家としても有名であり、日本山岳会理事や1960早大アラスカ・マッキンリー遠征隊長を務めた。

<コンサイス日本人名事典>


*墓所は壁面におのおの自筆で名を刻む一風変った墓所である。

*父の吉坂俊蔵(同墓)であり、日本を代表する官僚として活躍した。

*母の花子は動物学者の箕作佳吉の次女である。箕作佳吉の母つねは箕作阮甫(14-1-2-2)の三女であるので、従って隆正は箕作阮甫の玄孫にあたる。

*妻の富久子(墓所には富久のみ刻む)は、医学者で眼科の権威である甲野謙三・綾子夫妻の娘。 綾子は箕作元八の長女。よって箕作元八は佳吉の弟なので吉阪夫妻は又従兄妹同士で結婚したことになる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。