メイン » » » 吉阪俊蔵
よしざか しゅんぞう

吉阪俊蔵

よしざか しゅんぞう

1888.9.15(明治22)〜 1958.7.14(昭和33)

大正・昭和期の官僚

埋葬場所: 2区 1種 6側

 兵庫県武庫郡西灘村に生る。1913(T2)東京帝大法科大学独法科卒業。同年高等文官試験に合格。 農商務属、神奈川県理事官などをへて、'19パリ講和会議全権随員となり、同年ワシントンで開かれた第一回国際労働会議に政府代表随員として列席した。 以後第三・四回国際労働会議に政府代表顧問をつとめ、'21内務省社会局書記官をへて、1928(S3)12月に国際労働機関帝国事務所長に就任し、ジュネーブに駐在した。 その後、'31第十二回国際労働会議政府代表、'36内務省社会局参与などを歴任し、戦後も商工中金理事長、日本商工会議所専務理事などをつとめた。 著書に『改正工場法』がある。建築家の吉阪隆正(同墓)は長男。

<日本人名大事典 現代>
<五輪塔様より情報提供>


*俊蔵の妻の花子は動物学者の箕作佳吉の次女である。箕作佳吉の母つねは箕作阮甫(14-1-2-2)の三女であるので、従って息子で建設家の隆正は箕作阮甫の玄孫にあたる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。