メイン » » » 吉田宗意
よしだ そうい

吉田宗意

よしだ そうい

1780(安永9)〜 1848.1.2(嘉永1)

江戸後期の茶人

埋葬場所: 3区 1種 30側 20番

 田村右京太夫の家臣、納戸役を勤める。通称は要人、号隣好蛍雪庵、時習軒、力圍齋。茶道を板橋閑清に学び、のち宗偏流宗匠となる。 性風流を好み山田宗俊に従って奥儀を研究した。門人多数。養子として宗賀(同墓)を迎え入れ、宗偏流を継がせた。 宗賀没後は宗賀の妻のかねが継いだ。吉田家先祖代々の墓は芝清光寺墓域より改葬された。

<「東京掃苔録」藤波和子>
<平凡社『日本人名大事典』>


*ヨミを「むねおき」とするものもある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。