メイン » » » 山腰明将
やまこし あきまさ

山腰明将

やまこし あきまさ

?〜 1951(昭和26)

大正・昭和期の言霊学者、陸軍軍人(少佐)

埋葬場所: 6区 2種 22側

 書道神代文字研究家の山腰弘道・美志子の三男。父の弘道は旧尾張藩士、昭憲皇太后付きの書道家。 明治天皇と昭憲皇太后は、宮中賢所と皇太后が一条(藤原)家からもたらした和歌三十一文字を作る心得を書いた古書の中の言霊布斗麻邇に関する文献に基づいて、言霊言の葉の誠の道の研究をしていた。 弘道は天皇、皇后両陛下の言霊学研究のお相手を勤めた。 「古事記」の神代の巻に出て来る神様の名前がそれぞれアイウエオ五十音の一つひとつと結び合わされていることから、アイウエオ五十音言霊の学(まなび)の研究ともいう。 弘道は皇室の血統である大石凝真澄と親交があり、言霊学研究を明治朝廷で行なった。 明治天皇の崩御後、その言霊学研究の流れは大正天皇には伝わらず、民間に流出、その正統は弘道の子である明将に受け継がれた。
 明将はこの時、陸軍(陸軍少佐)に属していたが、軍籍を継続しながら、大正・昭和と言霊学研究を続けた。並行して竹内文献研究者としても活動をした。 明生会を発足し、主な門下生に、小笠原孝次、小川栄一、斎藤直繁、高橋健助らがいる(小笠原孝次は明将没後に研究を受け継いだ人物)。 明将は「言霊布斗麻邇の学は元来、日本国の天皇となるお方が勉学習得すべき学問であり、時到れは天皇に復命(かえりごと)する為に勉強しておる」と門下生に伝えていたという。
 1940(S15)3月2日より週一回、全十回にわたり、東京築地の海軍将校のクラブ、水交社に於て、日本の皇族方、陸海軍の大将・元帥、政府高官、情報局長、警視総監等日本国の上層部の人々を前にして「言霊」と題した講演を行なった。 当時日本は三年間にわたり隣国支那(中国)と戦争状態にあり、その上、外交・軍事・経済的にアメリカ、イギリス、オランダ三国より圧迫を受け、このまま推移すれば一触即発の世界相手の戦争に突入必至の緊迫した国状にあった。 このような時代背景であったため、上層部は明治天皇より始まった「わが日本肇国の根本原理、アイウエオ五十音言霊布斗麻邇」の学問を研究している明将から話を聞くことで、大東亜共栄圏経営の上に言霊の活用を意図できないものかと期待したのである。 内閣総理大臣を務めた林銑十郎(16-1-3-5)をはじめ多くの上層部たちが講演を視聴後、言霊研鑽に努めたといわれる。
 '51自動車事故により死去。永年にわたり研究した言霊学に関する多量の資料も事件に巻き込まれ全部焼失した。

<『古事記と言霊』島田正路など>


*墓石前面は山腰明将家之墓 右面に墓誌、裏面に建立者名、書・海軍大将山本英輔が刻む。

*明将の子である山腰兼晋(同墓)は、銀行家。


山腰弘道 やまこし ひろみち
1860(安政8)〜 ?
書道神代文字研究家
 旧尾州藩士の山腰喜明の長男。名古屋出身。9才の時に藩主の近侍となり、傍ら藩黌明倫堂に於て漢学を修めた。 又、武術を講じ、書道を村井鍬蔵に学ぶ。尋ねて京都江戸の間に奔走し、藩主国老の秘密公用を勤め、1868(M1)勤皇の故を以て賞禄を賜う。 1872英学を修め、翌年名古屋県庁に出仕。後、浜松、三重、奈良、島根各県に歴任し、1888挙家東京に移り公共事業に尽し、1890大日本選書奨励会を設立し、毎年上野公園博物館管轄館に展覧会を開き、その第四回後、皇后陛下、皇太子殿下行啓の節御説明の重任に当たる。 1910皇太子、同妃殿下御同列行啓を辱うし多年斯道の興隆に力め熱誠を以て稱せらる。 夫人は美志子。長男利通、三男明将、四男道文の三子家に在り、次男朝克養子の繁次郎は分家した。


<現代人名辞典紳士録>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。