メイン » » » 朝永振一郎
ともなが しんいちろう

朝永振一郎

ともなが しんいちろう

1906(明治39)〜 1979(昭和54)

昭和期の理論物理学者、ノーベル賞受賞者

埋葬場所: 22区 1種 38側 5番
(仁科芳雄と同墓所内)

 哲学者の朝永三十郎の長男。1932(S7)理化学研究所の仁科芳雄研究室に入り、37〜39ドイツのハイゼンベルク教授のもとで原子核理論を研究した。 42超多時間理論を、48朝永=シュウィンガー理論を発表し、同年磁電管の発振機構と立体回路の理論的研究(小谷正雄と共同)で学士院賞、 52文化勲章を受ける。62東京教育大学長65ノーベル物理学賞を湯川秀樹についで受賞した。学士院会員。日本学術会議会長。仁科記念財団理事長。原水爆の禁止や原子力の平和利用に熱意を示し活躍。

<コンサイス日本人名事典>


*規則が厳しい多磨霊園では例外的に、血縁外の人物と眠る。仁科芳雄の墓の右側に「朝永振一郎 師とともに眠る」とあり、謹書は仁科芳雄を師として研究を共にした喧嘩太郎の異名をとった内科医の武見太郎。

*正墓は京都の東本願寺にある。墓石右面に両親の名と並び振一郎の名が並んで刻む。分骨かもしれない。

*また同墓には物理学者でGHQ経済科学局科学技術部長として来日したアメリカ人ハリー・C・ケリーも仁科芳雄と親交が深く両家親族の要望により同墓所で眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。