メイン » » » 高島北海
たかしま ほっかい

高島北海

たかしま ほっかい

1850(嘉永3)〜 1931(昭和6)

明治・大正期の地質学者、画家

埋葬場所: 5区 1種 13側 3番

 長門国萩(萩市)江向村に藩医良台の次男。本名得三。北海は号。1872(M5)工部省に勤め、生野銀山に赴任し、フランス人技師コワニェから地質学とフランス語を学ぶ。 74「山口県地質図説」「山口県地質分色図」を著す、これは日本人初の独自作成の地質図であった。84万国森林博覧会参加要員として渡英、その後、南仏ナンシー山林学校留学。 ナンシーで日本画法を紹介、ガレらに影響を与え、アールヌーボー運動を刺激した。88帰国し農商務省技師を務めたが、画家に転じ、米国や中国へ写生旅行に出、文展審査員にもなる。 日本では顕彰されていないが、フランスでは業績が高く評価されている。

<朝日日本歴史人物事典>


*高島家の墓石の左側に高嶋北海墓が建つ。

*兄で書画家の高島九峰(20-1-17)との作品を多く残す。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。