メイン » » » 眦菲務
たかしま ほっかい

眦菲務

たかしま ほっかい

1850.10.31(嘉永3.9.26)〜 1931.1.10(昭和6)

明治・大正期の日本画家、地質学者

埋葬場所: 5区 1種 13側 4番

 長門国萩(山口県萩市)江向村出身。萩藩の藩医の眦萠病罎亮|砲箸靴得犬泙譴襦M通召蕨損囲此K槎召脇聖亜覆箸ぞう)。兄は書画家の眦莇緤(20-1-17)。娘(三女)に映画女優の眦莪子(同墓)がいる。
 幼少の頃より絵を描くことが好きであり、大庭学僊に本格的に学ぶ。1872(M5)明治政府の工部省に入省し、兵庫県の生野銀山に赴任。フランス人技師コワニェから地質学とフランス語を学ぶ。1874 絵が得意であったこともあり『山口県地質図説』『山口県地質分色図』を著す。これは日本人初の独自作画の地質図であり、日本初の地質屋・眦萋聖阿箸靴討睫召残ることになる。
 内務省地理局、農商務省山林局を経て、1884 万国森林博覧会参加要員として渡英。ヨーロッパ各地の森林視察の後、南フランスのナンシー山林学校に留学。植物地誌学を学び、眦茲描いた植物の緻密図や写生画があまりの上手さに評価が高く、現在、現地の美術館に飾られている。また、1886 フランス東部の美術展に日本画を出品し絶賛され、ナンシーで日本画法を紹介し、エミール・ガレらに影響を与え、アール・ヌーヴォー運動を刺激した。フランスでは眦菲務い量召話里蕕譴真擁である。
 1888 帰国し、農商務省技師を務めながら、公務の合間に山岳写生をし、山水画の研究も独自で進めながら、日本美術協会展に作品を出品した。1895『連峯紅葉』の作品が銀杯を受賞したことを機に、47歳で公職を辞して、郷里に戻り画家に転じたが、1902、52歳で再び上京を決意。この時、雅号を「北海」とし、中央画壇での活動を本格的に始める。またロッキー山脈の写生やセントルイス万国博覧会のために渡米し、さらに中国へ写生旅行にも行った。
 1906 第40回日本美術協会展で『秋●(石間)暁霽』で二等賞銀杯、1907 東京勧業博覧会で『水墨山水』で一等賞牌を受賞した。1908 からは文展審査員を務めている。
 関東大震災を機に、郷里の山口に戻り、図画教師の傍ら画業を続けていたが、1930(S5)東京にいる子どもたちの元に身を寄せ、翌年逝去。享年80歳。日本画家と地質学の二刀流で活躍した稀有な人物であった。

<朝日日本歴史人物事典>
<二十世紀物故日本画家事典>
<山口県の先人たち>


墓所

*墓所には二基並ぶ。右側が和型「眦荵畴景茵廖∈限Δ自然石「眦菲務な茵廖「眦菲務な茵廚料位未法嶌堙贅府種徳 謹書」と刻む。犀東國府種徳は漢詩人の国府犀東(こくぶ さいとう)であり、本名が種徳。

*二基とも裏面等含め何も刻みはなく墓誌もない。眦菲務い晩年に子息がいる東京に移住先を変えていることや、多磨霊園に墓石が建って以降代々墓としていること。離縁し戻り独身で亡くなっていることから、娘で三女の映画女優の眦莪子も同墓に眠っている。

*兄の眦莇緤(20-1-17)の墓石は「眦膕函廚任△蝓∧荵錣砲亘槎召簾眦萃ナ紊刻む。



第160回 日本画家と地質学 二刀流 眦菲務 お墓ツアー


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。