メイン » » » 田河水泡
たがわ すいほう

田河水泡

たがわ すいほう

1899(明治32)〜 1989(平成1)

昭和期の漫画家・「のらくろ」生みの親

埋葬場所: 24区 1種 22側 52番
(高見澤家墓)

 本名高見澤仲太郎。はじめ画家を志すが生活のために新作落語の台本などを書いて講談社の大衆雑誌に発表した。それが機となって1931(S6)講談社の「少年倶楽部」に漫画「のらくろ」を連載。
 擬人化された犬が犬の軍隊に入る物語で、一躍一流漫画家として遇されるようになり、「凹凸黒兵衛」などの作品を描き、昭和10年代に大活躍をした。 太平洋戦争中は軍を茶化してはならぬということで連載が打ち切られたが、戦後また近年、テレビ化されるなど人気は衰えていない。門下に長谷川町子(10-1-4-3)らがいる。 妻は評論家の小林秀雄の妹、高見澤潤子(作家、随筆家、評論家)。

<コンサイス日本人名事典>


のらくろ のらくろ

*墓所内には『のらくろ』の置物が二対ある。

*ペンネームである田河水泡の由来は、本名である「たかみざわ」をローマ字とし「TAKAMIZAWA」→「TAKAMIZ」「AWA」→「たかみず・あわ」と分け、田(た)・河(か)・水(みず)・泡(あわ)と表記したものだという。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。