メイン » » » 素木得一
しらき とくいち

素木得一

しらき とくいち

1882.3.9(明治15)〜 1970.12.22(昭和45)

明治・大正・昭和期の昆虫学者

埋葬場所: 10区 1種 15側 1番

 北海道出身。私立函館幼稚園長、函館師範学校長などを務めた教育者の素木岫雲(しらき しゅううん)、由幾(ゆき)(共に同墓)の長男。 妹に作家の素木しづ(1895.3.26-1918.1.29 結核性関節炎のため右足を切断。画家の上野山清貢に嫁ぐ)がいる。札幌農学校卒業。 応用昆虫学を専門とし、1908(M41)台湾総督府農事試験場技師として台湾に渡り、後に昆虫部長、動物科長、殖産局植物検査所長に就任。 '17(T6)農学博士。'26台湾総督府高等農林学校教授、中央研究所技師。'28(S3)台北帝国大学設立にあたり、理農学部教授となった。 '43農学部部長。植民地統治下の台湾の農作物害虫を調査、研究を行ない、多大な功績を挙げた。
 '09(M42)台湾恒春でシロアリ研究を行ない、コウシュンシロアリ(恒春新白蟻)を発見。 同じ頃、台湾ではイセリアカイガラムシによる街路樹への被害が甚大だったため、ワタフキカイガラムシの天敵であるベダリアテントウの放飼による「天敵による害虫防除」で成果を挙げていた“ケーベレ法”に見習い、ベダリアテントウを手に入れるために渡米し、台湾に輸入した。 翌年、農商務省の許可のもと、台湾で増えたベダリアテントウをイセリアカイガラムシが大発生した静岡に導入。 静岡県立農業試験場が更に増殖させ、'12これを各県に配布し、いずれもすばらしい成果が得られた。以後、ベダリアテントウは日本各地で放飼されるようになった。 この事業は日本初の天敵移入事業である。その他、'27(S2)飛行機の発達を利用して森林の害虫駆除に利用。 '34台湾のフトオアゲハが新しい種類であることの論文を発表し、世界に珍しい発見であると重視さる。戦後日本に戻る。 日本応用昆虫学会会員。著作に『昆虫の分類』『昆虫学辞典』などある。享年88歳。長男の素木洋一(同墓)は窯業工学者でセラミックスの権威者である。

<講談社日本人名大辞典など>


*「素木家」の墓所には、正面に素木家之墓、右側に素木岫雲先生墓が建つ。墓誌は無い。墓石の裏面に「素木洋一建之」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。