メイン » » » 素木洋一
しらき よういち

素木洋一

しらき よういち

1914.3.31(大正3)〜 1998.2.23(平成10)

昭和期の窯業工学者、セラミックスの権威者

埋葬場所: 10区 1種 15側 1番

 東京市牛込区出身。祖父は教育者の素木岫雲(同墓)、父は昆虫学者の素木得一(同墓)、叔母は作家の素木しづ。
 1940(S15)東京工業大学窯業学科卒業。'42東京工業大学助手、'48助教授、'51「粘土瀬−水系の研究」により窯業協会学術賞を受賞。 '62教授を歴任し、'71退官、東京工業大学名誉教授。'73東京都科学技術功労賞、'75手島学術賞、'87勲三等旭日中綬章を受けた。 窯業協会会長。工学博士。ファインセラミック、建築用セラミック、セラミック製造などの研究で成果を挙げた、セラミックスの権威者である。 『セラミック概論』など多くの研究著作を出版する。一方、陶芸を好み、『陶芸のための科学』『釉とその顔料』『図解工芸用陶磁器』『陶芸・セラミック辞典』なども著している。急性呼吸不全で死去、享年83歳。

<現代日本人名録 物故者編など>
<森光俊様より情報提供>


*「素木家」の墓所には、正面に素木家之墓、右側に素木岫雲先生墓が建つ。墓誌は無い。墓石の裏面に「素木洋一建之」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。