メイン » » » 塩川三四郎
しおかわ さんしろう

塩川三四郎

しおかわ さんしろう

1873(明治6)〜 1965.5.3(昭和40)

大正・昭和期の銀行家

埋葬場所: 6区 1種 16側

 長野県出身。塩川仁助の三男。1899(M32)東京帝国大学政治学科を卒業し、大学院で学ぶ。 後、大蔵大臣秘書官に任じ、次いでこれを辞し、元蔵相渡辺国武(14-1-1-10)に従い欧米を視察。 更にオクッスフォード大学で政治経済学を修め、銀行実務を学ぶ。
 帰国後、日本銀行に入り、検査役、秘書役、営業局勤務、大阪支店在勤、京都出張所長、名古屋支店長、国庫局長、倫敦代理店監査役、調査局長を歴任。 次いで北海道拓殖銀行副頭取営業第一部長兼第二部長に就任。さらに芸備銀行頭取、広島商工会議所議員を務める。

<昭和人名辞典(大衆人事録)>
<人事興信録>
<MATHU様より情報提供>


*妻は渡邊国武の兄で伯爵の渡邊千秋の長女の千夏(1945.7.18没 同墓)。 長男の塩川三千勝(みちかつ 1905.12.30-1940.2.18 同墓)は一高時代の1924.5(T13)浜田和雄と佐藤捨三の三人で、赤石岳の積雪期初登攀(とうはん)を達成。 次いで、'26田辺和雄と石原巌の三人で、鹿島集落から爺ケ岳をへて鹿島槍ヶ岳の積雪期初登攀を達成した登山家。三千勝の妻は財界人である足立正(1883-1973)の長女の妙子(1910.10.13-2005.7.26 同墓)。 三男の金城(かねき)は三井生命保険初代会長の野依辰治の養子となり、鉄道省経理局長の野依次郎の娘の鈴子と結婚(辰治夫妻に跡取りがいなかったため、金城を養子縁組して長女の鈴子をめとらす)。 その子がノーベル化学賞(2001)を受章した野依良治(1931-)である。よって孫にあたる。なお、野依金城は東京帝国大学工学部で亀山直人(10-1-15-23)を師事し応用化学を学ぶ。 鐘淵紡績に入社し、戦後は鐘淵化学工業(カネカ)に移り、技術研究者として活動し、専務となった。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。