メイン » » » 亀山直人
かめやま なおと

亀山直人

かめやま なおと

1890.5.19(明治23)〜 1963.3.28(昭和38)

大正・昭和期の応用化学者

埋葬場所: 10区 1種 15側 23番

 東京出身。父は大審院判事を務めた亀山直秀〔M38.12.12歿〕(同墓)。1913(T2)東京帝国大学工科大学応用化学科卒。
 '16東京帝国大学助教授となり、'22「カルシウムシアミナドに関する研究」で日本化学会桜井褒章が贈られた。 '23イギリスに留学し、'25帰国して教授となった。のち同大学第1工学部長、理工研所長。応用電気化学や写真化学などを研究した。 '45(S20)牧島象二との「蛍燐光体の研究」によって学士院賞受賞。
 '49日本学術会議が創設されたとき選ばれて会長となり、'51の第2期にも会長に再選された。同年の'51に退官し、東京大学名誉教授。 学士院会員。NHK理事。'53中央教育審議会会長。'57文化功労者。 電気化学の基礎的研究及び、その応用について多くの研究があり著書に、1947『化学工業総論』、1959『電気化学の理論及び応用』などがある。正三位、勲一等。工学博士。享年72歳。

<コンサイス日本人名事典>
<世界人名辞典など>


亀山直秀

*墓所内には父の亀山直秀の墓が建ち、手前に亀山家の墓が建つ。亀山家の墓の左面に亀山直人の名前が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。