メイン » » » 新海竹太郎
しんかい たけたろう

新海竹太郎

しんかい たけたろう

1868(明治1)〜  1927(昭和2)

明治・大正期の彫刻家

埋葬場所: 3区 1種 34側 9番

 後藤貞行・小倉捨次郎に師事。1900〜02(M33〜35)ドイツに留学して、ベルリン美術学校のヘルテスに学ぶ。 帰国して02太平洋画会会員になる。07文展開設と共に彫刻部の審査委員、17(T6)帝室技芸員、19帝国芸術院会員になった。代表作は「あゆみ」「大山公騎馬像」など。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。