メイン » » » 下中弥三郎
しもなか やさぶろう

下中弥三郎

しもなか やさぶろう

1878(明治11)〜 1961(昭和36)

明治・大正・昭和期の教育運動家、出版事業家

埋葬場所: 24区 1種 10側 6番

 兵庫県出身。幼少で父を亡くし、1899(M32)小学校正教員検定試験に合格し兵庫県教師となり、ついで1911〜18(M44〜T7)埼玉師範教諭。 19教え子の青年教師を中心に啓明会を結成、教員の社会的目覚、自由獲得のための団結を訴えた。20日本教員組合啓明会と改称、〈教育改造の四綱領〉を決定した。 23〈教育の世紀社〉を創立、24〈児童の村小学校〉の設立にも協力。また25教育擁護同盟を結成し義務教育費全額国庫負担を要求、半額負担を勝ち取る。 その間、14平凡社を創設、35(S10)「大百科事典」の出版を開設し成功。また25頃から農民自治会の運動に入り、31以降大アジア主義者として活動、40大政翼賛会発会に協力。 戦後、戦犯として公職追放、51追放解除により平凡社社長に復帰した。世界連邦運動リーダー、世界平和アピール七人委員会委員。

<コンサイス日本人名事典>


*墓所には墓誌も墓石への彫刻もないが、裏面に建立者が刻まれており、『昭和二十四年五月下中弥三郎建主』とある。

*息子の下中邦彦(同墓)は、平凡社を引き継ぎ、百科事典ブームの火付け役など、出版界の風雲児として活躍した。

*平凡社の「平」の二つの点は末広がり「八」である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。