メイン » » » 狭山信乃
さやま しの

狭山信乃

さやま しの

1885.12.21(明治18)〜 1976.12.25(昭和51)

大正・昭和期の歌人

埋葬場所: 12区 1種 10側 21番(前田家)

 本名は前田繁子。福井県出身。東京女子師範卒。在学中に歌人である前田夕暮(同墓)と出会い、1910(M43)結婚。 翌年、夕暮の「詩歌」創刊とともに同人となり、夫を助けてその経営にあたり、新人の育成につとめた。短歌評論家で歌人の前田透は長男。墓所には透の歌碑が建つ。

<詩歌人名事典>
<MATSU様より情報提供>


*墓所に建つ歌碑
 「わが愛する者に語らん樫の木に日があたり視よ冬すでに過ぐ」
S.61.1.13   前田透


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。