メイン » » » 斎藤秀雄
さいとう ひでお

斎藤秀雄

さいとう ひでお

1902(明治35)〜 1974(昭和49)

昭和期の指揮者・チェロ奏者

埋葬場所: 2区 1種 4側 4番

 斎藤秀三郎の子で同墓。1923〜27(T12〜S2)ライプチヒ音楽院に留学し、クレンゲルに師事、一時帰国の後30〜32再度渡欧し、ベルリン高等音楽学校でフォイアマンに師事。 最初チェロ奏者として日本交響楽団の首席奏者をつとめたが、40退団、指揮に転じた。42松竹交響楽団、43日本放送管弦楽団、45東京フィルハーモニー交響楽団の各指揮者を歴任。 61〜72桐朋学園大教授、のち客員教授。敗戦後は指揮者としても独特な風格のある演奏をきかせたが、指揮者の小沢征爾・岩城宏之ら、チェロの堤剛・岩崎洸らを育てた教育面での功績は大きい。 近年の日本の洋楽演奏界のめざましい発展に尽した。56芸術院賞受賞。73文化功労者。

<コンサイス日本人名事典>


*姉の園子の夫は聖書学者の塚本虎二(8-1-6)。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。