メイン » » » ロイ・ジェームス
Roy James

ロイ・ジェームス

Roy James

1929.3.9(昭和4)〜 1982.12.29(昭和57)

昭和期のタレント

埋葬場所: 外人墓地区 1種 別中側

 東京市下谷区竹町生れ。本名は湯浅祐道。旧姓(名)はハンナン・サファ,六条祐道。父はイスラム教導師のトルコ人。 竹町小、郁文館工業学校を経て大学在学中の1953(S28)友人の司会者E・H・エリックの代役で 日劇ミュージック・ホールに出演し芸能界入り。'54明治大学商学部商学科卒業。 '83(S57)4月まで20年以上続けたラジオの「意地悪ジョッキー」をはじめ、ディスクジョッキーや司会を、 べらんめえ調の達者な日本語で軽妙にこなした。'70日本に帰化して六条祐道を名乗り、'75結婚により湯浅と改姓。 出演作に映画「浮雲」「大番」「歌え若人達」「ど根性物語・銭の踊り」、テレビ「独占スポーツ情報」など。

<芸能人物事典>
<MATSU様より情報提供>


*墓所は土葬風土盛の前に板に近い墓標に名が記されている。

Roy James

*父のアイナン・サファ(AINAN MUHAMMAD SAFA)(1898.12.23〜1984.6.9)はペルミ出身のカザン・タタール人(「カザン・トルコ人」ともいう)で、戦後、東京回教寺院(東京ジャーミイ)のイマームを務めた。 なお、お墓は多磨霊園の外人墓地区1種5の2の洋型墓である。

*ロイ・ジェームスは、1971(S46)日本国籍を取得して、六条祐道を戸籍名とした。1975(S50)湯浅あつ子と結婚し湯浅姓となる。 湯浅あつ子は、妹の板谷諒子が三島由紀夫(10-1-13-32)の妹の平岡美津子(1928.2.23-1945.10.23 10-1-13-32)と三輪田高等女学校で同級生であった。 この縁でで湯浅家は平岡家と親交があった。湯浅あつ子の家はサロンのようになっており、三島由紀夫も出入りしていた。湯浅あつ子は三島由紀夫の書き下ろし長編小説『鏡子の家』の鏡子のモデルにもなっている。 また、湯浅あつ子の前夫との間の娘が、画家の杉山寧の妻の元子の妹である小松静子の息子と同じクラスの縁から、杉山夫妻の長女で当時日本女子大学2年生だった瑤子と三島由紀夫をお見合いさせており、1958.6.1(S33)二人は結婚している。 前夫とは生き別れとなり、前夫との間にできた娘も事故で失ってしまう。これらの逸話は、湯浅あつ子 著の『ロイと鏡子 三島由紀夫と『鏡子の家』秘話』(1984)、岩下尚史 著『ヒタメン』に詳しい。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ら行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。