メイン » » » 南 大曹
みなみ だいぞう

南 大曹

みなみ だいぞう

1878(明治11)〜 1945.2.26(昭和20)

大正・昭和期の医師(南胃腸病院長)

埋葬場所: 10区 1種 2側

 近藤玄貞の二男として福島県に生れる。近藤達児(衆議院議員、1875-1931)の弟。南二郎の養子となり1921(T10)分家。
 1905(M38)東京帝国大学医科大学を卒業。1910(M43)〜1912(T1)ドイツに留学。1913(T2)医学博士。二年後、南胃腸病院を開設して一般診療に従事。 著書に広く知られた『胃腸病診断及治療学』などがある。日本消化器病学会会長、癌研究会理事長、日本医科大学教授などを歴任した。 全国的に有名な医師で、日本各地から旅館を予約して治療に通う患者がいた程だった。 「私の指先には目が付いている」というのが得意のセリフで、最盛期には「手を当てるだけで病気が治った」 という逸話まで残っている。これは無意識のレベルでプラナ治療を行っていたとする節がある。その素養を受け継いでいるのが、孫である田島千枝子だ。 千枝子は女優として松竹映画、やテレビ番組に出演していた女優で、結婚後の38歳の時に鍼灸学院でマッサージの勉強を開始した。 プラナ療法の創始者である山田真一の直系の孫弟子であり、正当な継承者としてその精神と技法を現在に伝えている。

<人事興信録>
<『朝日新聞』昭20.3.1>
<MATHU様より情報提供>


碑

*墓石の書は徳富蘇峰(6-1-8-13)である。墓所内に胸像が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。