メイン » » » 丸山敏雄
まるやま としお

丸山敏雄

まるやま としお

1892(明治25)〜 1951(昭和26)

大正・昭和期の社会教育家、倫理研究所初代理事長

埋葬場所: 3区 1種 34側

 合河天和出身。農業丸山半三郎の4男。16才で岩屋尋常小学校の代用教員。翌年小倉師範学校に入学。在学中、足立山麓の黄檗禅寺福聚寺で座禅を組んだりして、級友から「孔子丸山」というニックネームをつけられる。 また、書は西川萱南先生から学び、毎日臨書したとも伝わる。師範学校卒業後、豊前市八屋小学校に赴任し、神崎キクと知り合い結婚。 その後、広島高等師範学校に入学し、国史を専攻。卒業後は福岡県立築上中学校、中学明善校、長崎女子師範学校教頭に就任、さらに学問探究のため広島文理科大学に再入学。 日本古代史の研究とともに、西晋一郎博士の影響を受けて哲学、倫理の研究に精進した。倫理への道を進む転機となったのは、「ひとのみち教団」での活動と、活動の最中に不敬罪で逮捕されるという一事である。 入団は、古典における奇跡、奇瑞の実証的研究を目指してのものであったが、「捨て身滅我の修行」を求められ、親子の縁を断たねばならないという教団の掟が倫理に深く傾倒する転機となったとされている。 釈放後、大阪堺市で秋津書道院を創設し書道教授を始め、のち東京で古代史や宗教、日本の精神文化の研究に熱中。 終戦後、日常生活の純粋倫理、徳福一致の生活道(純粋倫理)を提唱し倫理運動を始め、翌年、しきなみ短歌会、新世文化研究所(のちの倫理研究所)を創立し、所長に就任した。 雑誌「文化と家庭」(のちの『新世』)の創刊、「万人幸福の栞」を発刊したのもこの頃である。純粋倫理は「純情」を核にして、「明朗」「愛和」「喜働」の実践を提唱している。 昭和26年12月14日、「わが願いたぐいもなけれしみじみと 人類の幸おもふなりけり」という遺詠とともに純粋倫理の究明と実践に捧げた一生を終えた。

<コンサイス日本人名事典>


碑石

*墓所右側に碑石が建つ。会員諸氏の墓参が絶えない。

*敏雄が師範学校教諭を勤めていた時に担当していた科目は東洋史である。教師として生徒たちに「歴史とは、できごとをいちいち覚える科目ではない。 歴史を通し、人間を、私たち自身を作る科目である。」と『歴史で学ぶ』授業を行っていた。 当HP「歴史が眠る多磨霊園」のコンセプトと同じ考えで共感します。

*倫理研究所は宗教団体ではなく、社団法人組織の民間の教育団体である。


丸山キク
1891.9.1(明治24)〜1967(昭和42)
明治・大正期の教育者、丸山敏雄の妻
 福岡県築上郡(豊前市)宇島出身。旧姓は神崎。退役軍医の七人兄妹の次女。福岡女子師範学校を卒業後、小学校教諭となる。 1916(T5)三度目の奉職先の八屋尋常小学校にて丸山敏雄(同墓)と同僚となり、敏雄の親友で同じ教諭の清川守雄のすすめで婚約。 しかし敏雄が高等師範学校への進学を志していたため、'20敏雄の卒業を待ち結婚した。結婚と同時に教師を辞す。 '21長男の竹秋(同墓)、'28二男の豊樹を儲ける。'29(S4)敏雄が教頭職を辞して、37歳にして広島文理科大学に進学した際、敏雄に代わり一家を支えた。 その後、'31敏雄のひとのみち教団入信、'37不敬事件での検挙と拘留、太平洋戦争での子供たちへの応召出征、戦後の倫理運動、草創期の困難という激動時期にあって、陰で献身的に敏雄と家族を支えた。

<幸せになる法則を発見した人 丸山敏雄伝 丸山敏秋>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。