メイン » » » 香原志勢
こうはら ゆきなり

香原志勢

こうはら ゆきなり

1928.6.4(昭和2)〜 2014.11.16(平成26)

昭和・平成期の人類学者

埋葬場所: 20区 2種 10側

 東京出身。父は春秋社の編集人で哲学者の香原一勢(同墓)、子はサイエンスライターの香原知志(同墓)。
 1951(S26)東京大学理学部人類学科卒業。同大学院から信州大学医学部助手、助教授を経て、立教大学教授(一般教育部)となった。'94(H6)停年退官となり、名誉教授。'98帝塚山学院大学人間文化学部教授。専攻は人類学と比較行動学、人類行動学。人体と文化の関係について研究した。日本顔学会初代会長も務めた。
 著書も多数あり、『手のうごきと脳のはたらき』、『人類生物学入門』、『化石人類』、『人間という名の動物』、『からだ』、『第四紀』、『人類と文明の誕生』、『人類学との出会い』、『人類の進化』、『人間 この知られたるもの』、『2本足と4本足』など。1989(H1)『死と生をめぐる思索―石となった死』で毎日出版文化賞を受賞した。肺炎のため逝去。享年86歳。

<著書略歴、訃報記事など>


*墓石は洋型「香原家」。裏面が墓誌となっている。戒名は釋志学。右面に「昭和五十七年九月吉日 香原志勢 建之」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。