メイン » » » 喜屋武保昌
きやたけ やすまさ

喜屋武保昌

きやたけ やすまさ
(きやん やすまさ)

1902(明治35)〜 1939.11.3(昭和14)

大正・昭和期のマルクス主義者

埋葬場所: 18区 1種 21側

《詳しい情報は調査中》

 沖縄出身。戦後「三鷹事件」で逮捕された喜屋武由放(同墓)の父。
 東京帝国大学では新人会のメンバーに属しており、マルクス主義者であった。 その頃、当時順天中学生だった沖縄出身の瀬長亀次郎(1907.6.10〜2001.10.5)と知り合い、池袋でアパートを見つけて二人で共同生活を始めた。 瀬長は喜屋武から資本主義社会のカラクリ理論を学び、ソ連関係の書籍を借りて読書するようになって、次第にマルクス主義的な視野から日本社会の現実を考察するような習慣を身につけていった。 瀬長のその後は、労働運動に加わり投獄されたが、保釈後、中国で兵役に服しながらも軍隊内で反戦活動をした。 戦後は、沖縄人民党を結成し書記長として本土復帰運動の先頭に立ったが、'54アメリカ占領軍の弾圧を受け投獄。 '56那覇市長に当選したが、翌年追放。'70衆議院議員。幾たびの弾圧に襲われたが、不屈の闘志で復活を果たした。 瀬長の社会運動家の地盤を固めたのが喜屋武保昌であったことは特筆したい。
 '36同郷の仲間で、同窓の宮城与徳(17-1-21-16)と東京で再会。宮城与徳の作品に「喜屋武保昌氏肖像画」がある。享年37歳。


*墓所の右側に墓誌があり、保昌と由放の両名を確認することができる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。