メイン » » » 川村麟也
かわむら りんや

川村麟也

かわむら りんや

1879.9.11(明治12)〜 1947.10.31(昭和22)

明治・大正・昭和期の病理学者(恙虫病研究)

埋葬場所: 19区 1種 10側

 山梨県北巨摩郡志田村(現双葉町)に川村将徳の4男として生れる。 1897(M30)上京し、第一高等学校を経て1906東京帝国大学医科大学を卒業、ただちに病理学教室に入った。 '08ドイツ・イギリスに留学のため渡欧、'11帰国し、新潟医学専門学校教授となり、東京帝国大学講師を兼任した。 '16(T5)恙虫の発育環を発表した。'22(T11)2月新潟医科大学教授となり、同年二度目の欧米出張に出発し、4年後帰国した。 その間、'24類脂質の研究により帝国学士院賞を受賞し、'32(S7)恙虫病研究の業績に対し浅川博士奨学賞を受賞した。 '37新潟医科大学を辞し、慶応大学教授となり、北里研究所部長を兼任した。東京で没した。法名は麟祥院殿恵命救世大居士。

<日本近現代人名辞典』>
<MATSU様より情報提供>


碑


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。